やってみた コラム

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」

投稿日:

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」

Angry Birds Island(アングリーバード・アイランド)」は、フィンランドのRovio Entertainmentの看板タイトル「Angry Birds」シリーズのIPを使用したシリーズ初の育成系シミュレーションゲームです。とは言っても実際に開発したのはRovioではなく韓国のNHN Entertainmentの子会社であるNHN Studio 629です。近年RovioはAngry BirdsシリーズのIPを他社に提供し、「ひっぱりアクション」ではないジャンルのAngry Birdsシリーズ作をリリースする手法を取っています。以前ご紹介した「アングリーバード: ダイス」も同様ですね。

過去記事:
【やってみた】鳥と豚が資産を奪い合うスマホ向けボードゲーム「アングリーバード: ダイス」

この「アングリーバード・アイランド」の内容は「島開拓Sim」。普段体当たりして物をぶっ壊しまくっている鳥たちが、なんと豚と一時的に和解して一緒に島を開拓して村を作るのです。これ、作品の設定的にアリなんでしょうか?

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
アプリを一番最初に起動すると、いつもどおり卵を巡って争う鳥と豚のアニメーションが再生されます。ただ見てのとおり、絵柄がなんかいつものAngry Birdsじゃないですよね?みんなオリジナルのキャラデザインよりも丸っこくなって目が大きめで表情も豊かです。もともと一頭身なのにさらに縮まってかわいくなってる!これはRovioの画風ではなくNHN Studio 629の画風なのかもしれません。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
卵を奪って逃げた豚たちを追った鳥たちでしたが、両者は知らず知らずのうちに怪しい森の中へ入ってしまい、見たことのない謎の石像に激突してしまいます。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
そしたら突然全ての豚と鳥が石像の中に吸い込まれ…

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
別次元の謎の島に放り出される超展開!ここどこ?

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
そこへ原住民っぽい仮面の男が登場。彼曰く、どうやら石像に吸い込まれてこの島に放り出されたのは鳥と豚が初めてではない様子。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
仮面の男は思わせぶりに登場しておいて、「カートをやるからあとは自分たちの力でどうにかしろ」的なことを言って去ってしまいました。実にそっけないガイドキャラです。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
わけのわからない展開にイライラするレッド。一応Angry Birdsらしいキャラクター設定は反映されています。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
誰だコイツ?彼女は本作のオリジナルキャラ「ベティ」。育成系シミュレーションゲームの定番要素「お願い掲示板」の管理人(鳥)的キャラクターです。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
本作では豚と鳥は見知らぬ島で生きていくために呉越同舟とばかりに一時停戦し、助け合って島を開拓していきます。ただしそれぞれの役割は分担されており、豚は材料の採取とものづくり、鳥は未知の生き物との戦闘を担当します。そう、このゲームは育成系シミュレーションゲームでありながら”バトル”要素もあるのです。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
島は様々なエリアと「ゲート」でつながっており、鳥と豚は「カート」に乗ってゲートからいろいろな場所へワープして活動します。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
カートには材料採取がはかどるカートやバトルがはかどるカート、たくさんの鳥と豚が乗れるカートなど様々なものがありますが、最初のうちは仮面の男にもらったショボいカートにしか乗れません。まずはこれに素材の採取を担当する豚を乗せて出かけます。それにしてもレッド偉そうな態度だな。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
豚は魚釣り担当、伐採担当、採掘担当とそれぞれお異なるスキルを持っています。誰を何匹乗せるか決めたらいざ出発!

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
一番最初に行けるエリアは魚、鉱石、木を採取できる「南の森」。森を巡って豚を放し、手あたり次第に素材を採取します。ただしカートのサイズによって一度に持って帰れる素材の数も違うので、ほどほどのところで切り上げて帰りましょう。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
なお、パッと見分かりにくいですがゲーム自体はフル3Dです。画面を拡大するとちょこまか動いている鳥や豚の様子をより細かく観察できてなかなか面白いです。手が無いのになぜか上手く釣り竿を操っている豚が謎。いやそもそもカートを引っ張ってる時点でおかしいですけどね。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
そのツルハシはどうやって動かしてんだ!

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
素材を持って帰ったら、今度はそれを使ってものづくりをします。空いている場所に加工施設を建設して…

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
製作したいものを選択します。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
そして「お願い掲示板」で依頼されたアイテムが揃ったら売って換金。そのお金で島の開拓を進めていきます。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
ある程度レベルが上がると、島の中の草むらをボムが爆破して消してくれるようになり、施設を建設できる面積を徐々に広げることができます。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
序盤は豚ばかり活躍しますが、レベル7になるとバトルを担当する鳥たちを訓練する「訓練所」を建てられるようになります。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
最初に訓練できるのは「鈍器を振り回すレッド」。もうひっぱりアクションの要素は微塵もありません。レッドの武器もレベルアップするごとに良いものになっていくので気長に育成しましょう。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
森の中には様々なモンスターがおり、一緒に飛ばされてきた子豚を捕まえて檻に閉じ込めています。このモンスターをバトルで倒すと子豚を助けることができ、その分材料採取やものづくりを担当する豚の数を増やすことができます。モンスターを見つけたら剣のアイコンをタップして…

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
バトル開始!アイコンをタップしてしまえばバトルは基本オートで進行します。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
モンスターに勝つと子豚とご褒美のコインをGETでき、倒したスピードにより3つ星評価が付きます。ここはちょっとオリジナルのAngry Birdsを意識しているのかも。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
鳥はバトルの勝敗に関わらず一回出動するとあとは戻ってきません。効率よくゲームを進めるには、なるべく少ない数の鳥でモンスターを倒さなければなりません。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
Angry Birdsにケルベロス!この絶対Rovioの絵じゃないだろ!感といったら。

【やってみた】鳥と豚が一時休戦?!「Angry Birds」シリーズ初の育成系シミュレーションゲーム「アングリーバード・アイランド」
鳥にモンスターと戦うことを頼む熊とは?

…とまあ、あまりにもゲストキャラの画風がこれまでのAngry Birdsシリーズと異なるため、な~んか二次創作臭のするタイトルです。ある意味、鳥と豚が本当にいつもと全然違う世界に飛ばされちゃったんだな…ということが上手く表現されています。ゲーム自体は非常によくできており、やり込み要素も豊富も盛り込まれプレイし応えがあるので、Angry Birdsが好きな人は試してみては如何でしょうか。

iOS版はこちら

Android版はこちら

 

映画 アングリーバード (集英社みらい文庫)
映画 アングリーバード (集英社みらい文庫)

The Art of アングリーバード(ジ・アート・オブ アングリーバード)
The Art of アングリーバード(ジ・アート・オブ アングリーバード)

-やってみた, コラム
-, , , , , , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.