イベントレポート レポート

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」

投稿日:

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」

東京ゲームショウ2015のインディーゲームコーナーにて、リズムゲームでもなければシューティングゲームでもなく、パズルゲームでもないけれどもその全ての要素を兼ね備えている個性的なスマートフォン向けRPG「PHOBOS CHILDREN」をプレイしてみました。

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」 【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」
この「PHOBOS CHILDREN」、プレイ画面を見ただけだとリズムゲームか縦スクロールのシューティングゲームのように見えますが、実際のルールは上から降ってくるオーブの中から同じ色のものを3つ選んでタップすることで敵を攻撃する”チェインアクション”RPGです。BGMに合わせてタイミングを計る必要はなく、またどのオーブをどの順番でタップするかも自由で、とにかく同じ色のオーブを3つ続けてタップしさえすればチェインが発動し、タップしたオーブの色(属性)に対応したキャラクターが敵を攻撃してくれます。こう書くと一見カジュアルな内容のように思われるかもしれませんが、これがプレイしてみるとなかなか奥が深く、”どのオーブを最初にタップするか”でその後のプレイが左右されたりします。なぜなら、どの順番でどの色がいつ落ちてくるか?はやってみなければ分からないから。例えば緑が先に落ちてきたのでとりあえずそれをタップしてみても、それからしばらく赤と青のオーブがやたらとたくさん落ちてくる場合もあるからです。またステージが進めば進むほど落ちてくるオーブの数が多くなり、消しきれなくなってチェインが繋がりにくくなるなど難易度が高くなります。常に一瞬の判断力と瞬発力が問われるゲームと言えるでしょう。

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」 【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」
とは言え、ずっとそんな状態では気分的に疲れてしまうので、一休みできるブレイクタイムもちゃんと用意されています。チェインを連続で成功させ続けると消したオーブの色と同じ属性のキャラクターの攻撃力が上がり、さらにコンボが発生するとキャラクターごとに設定されたスキルも発動します。その中には「オーブのスピードが遅くなる」といったものもあるので、ここで一休みしつつハイスコアを狙うこともできます。

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」 【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」
そしてさらにハイスコアを達成するとフィーバーモードに突入!このようにオーブを正確に消し続けることで次々とお得なことが起こるシステムは、やはりシューティングゲームっぽいような気もします。ちなみに本作はアートワークが日本風に見えますが、開発者のDaniel Alíasさんはスペイン出身の方で、開発にあたっては縦スクロールシューティングゲームの名作「斑鳩」(いかるが)の影響もあるとのこと。

なお、この「PHOBOS CHILDREN」は年内リリース予定で現在公式サイトにて事前登録受付を行っています。事前登録を行ったプレイヤーはβ版のテストプレイに参加でき(500人まで)、特別コンテンツにアクセスできるほか正式サービス開始時にはスペシャルキャラもプレゼントされるそうです。興味のある人は是非こちらから登録してみて下さい。

【TGS2015】音ゲー+シューティングゲームのようなスマホ向けチェインアクションRPG「PHOBOS CHILDREN」
開発者のDaniel Alíasさん(Mirai-Labo)

-イベントレポート, レポート
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.