【TGS2012レポート】スマホで一騎当千!—コーエーテクモブースで「真・三國無双 SLASH」を試遊してきた

 

コーエーテクモの「無双」シリーズもかなりソーシャルゲーム化されてきましたが、先日さらに無双シリーズの新作ソーシャルゲーム「真・三國無双 SLASH」が発表されました。しかしこれまでのようにシミュレーション型のゲームではなく純然たるアクションゲームで、当初よりスマートフォン向けに開発されているとのこと。早速コーエーテクモブースでプレイアブル出展されていたので試遊してみました。


なお、ブースでは同タイトルのPVも公開されています。これを見る限りではコンソール版の無双と同様にかなり爽快なアクションが楽しめるようです。


こちらがメインの画面。ご覧の通り先にGREEブースでプレイした「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」のように完全に3Dです。しかもプレイを始める前に男性武将か女性武将かを選んで体のパーツを選択し、自分のキャラクターを細かくカスタマイズできる機能もあります。


あと端末を横向きにすると画面も横長になります。これは便利!無双は広いマップから複数の敵が来るため、縦長よりも横長の画面の方がプレイしやすいかもしれません。


あとアクションがいちいち派手。敵を攻撃するときにキャラクターがクルっと回って剣を振り下ろしたり、敵も回転しながらダウンしたりと確かに”無双っぽい”モーションです。しかし操作自体はとても楽で、基本的にタップとフリックで何でもできます。


基本的なゲームの流れは、マップ上の各ステージをクリアしてレベルを上げ、報酬をGETしたりガチャを回したりといったもので、システム自体はソーシャルゲームそのものです。武器などのアイテムにはレアなものとそうでないものの”レアリティ”が設定されています。

提供プラットフォームはGREEで配信開始は今秋を予定しているとのこと。事前登録をしておくと正式サービス後に特典として夏侯惇スーパーレアプラスな武器「地・黄龍牙刀」が貰えあす。こうなると今秋から来年にかけてGREEにはフル3Dの次世代型ソーシャルゲームが多数出揃いそうですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket