イベントレポート レポート

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」

投稿日:

今回のデジゲー博の会場は秋葉原UDXのAKIBA SQUARE(2階)とUDXギャラリー(4階)の2か所に分かれており、UDXギャラリーにVR向けタイトルなど大きなブースを使用する出展がまとめられていたのですが、中でもとりわけ注目を集めていたのがこちら、Project ICKX出展のフライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」でした。

「Concept Model 1 - VR Preview」
もう同人・インディーゲームというレベルではありません。

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」
この環境を一般家庭で構築すると数十万円かかるとか…。

「Concept Model 1 - VR Preview」は、富士山の周辺250km四方の中、関東・更新の雄大な景色を眺めながら自由自在に飛び回ることができるフライトシミュレーターです。VoxcellDesignが手掛けた「富士山ビューワーVR」と出会い、これにフライトゲームを組み合わせたらハマるのでは?と思い付いたのがもともとの開発のきっかけとのことで、本作も通常のモニターだけでなくVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)にも対応しています。

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」
しかしVR HMDで美しい景色に没入するのも良いですが、やはり操縦桿とレバーでの操作はパイロット気分を味わえるのでロマンがあります。

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」

【デジゲー博2019レポート】富士山を眼下に収めながら空を飛ぶ---リアル過ぎる爽快フライトシミュレーター「Concept Model 1 - VR Preview」
眼下に広がる風景はまるで写真のようにリアルですが、実は航空写真が一切使われておらず、前述のVoxcellDesignの技術により、国土地理院が整備する基盤地図情報および基盤地図情報数値標高を基にフォトリアルなテクスチャを生成しているのだとか。加えて、空を飛んでいるリアルさを演出するために大気や雲、コクピットを含む機体のモデル、時間経過に合わせて変化する太陽などが加えられ、プレイするたびに清々しい朝焼けけ爽やかな昼間の青空、美しい夕焼けや夜景を鑑賞することができます。
その一方で操作は結構難易度が高く、何も考えずにボンヤリ飛んでいるといつの間にか上下が逆転していたり、機体を下げ過ぎて急降下してしまうことも…。ただし本作に「墜落」というモードはないので、安心して何度でも遊覧飛行を楽しめます。

「Concept Model 1 - VR Preview」は現在COMIC ZIN秋葉原店および新宿店、AKIBA-HOBBY秋葉原店で772円という良心的な価格で販売されています(各店舗にて通販もあり)。VR HMD必須ではないので、PCのみでもプレイ可能です。販売情報などの詳細はこちら

「デジゲー博2019」レポート一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.