イベントレポート レポート

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」

投稿日:

東京ゲームショウ2019のKONAMIブース内にて、コーラス・ワールドワイドが12月にリリース予定の新聞編集シミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」が試遊出展されています。

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」

「ヘッドライナー:ノヴィニュース」は、プレイヤーが架空の国家「ノヴィスタン」で発行されている新聞「ノヴィニュース」の編集長となり、毎日送られてくる様々なニュース記事をチェックし、記事の採用・不採用を判断して新聞の見出しを作っていくアドベンチャー形式のシミュレーションゲームです。そのシステム自体は非常にシンプルなのですが、本作のキーポイントは、それによって国民の「世論」が形成されること。

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
例えば、上記のように「政府はヘルスケアに投資するべきだ」と、「政府はテロの脅威に対抗するため治安強化するべきだ」という2種類の提言記事が送られてきたとします。

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
ここでプレイヤーがヘルスケアの提言記事を採用し、治安強化の記事を不採用にすると…

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
街のライブハウスで、お笑い芸人が国民皆保険をネタに政府の福祉施策をおちょくるようになりました。このように、記事の選択によって新聞の報道姿勢を示すと、それが如実に人々の言動およびストーリーに反映され、ゲームを続けるほど「メディア運営によって世の中を動かしている感覚」を疑似体験できるようになります。

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
ところがここで厄介なのは、もともと「ノヴィスタン」という国家自体が非常に全体主義的で保守的な国家であること。一歩街に出れば監視カメラだらけで、そこら中に警察の監視ドローンが飛び交い、指導者がホログラムで扇動的な演説をし…

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
家に帰って窓を開ければ「国民軍へ入ろう」という募兵看板が視界に入る…そんな国で真実を暴き政府を批判する新聞を作ったらどんな目に遭うかは、もはや言わずもがなでしょう。
また、厄介なのは政府だけではありません。送られてくる記事の中には、ある飲料会社が作った危険な合成アルコール飲料を糾弾するものもあります。しかしその会社は新聞社の重要なスポンサーの一社で、もし糾弾記事を採用したらスポンサー契約を切られることはまず間違いありません。それでも国民に真実を伝えることを選択できますか?

なお、私はどんなことがあっても政府を批判し、真実を追及するガチな反体制新聞にする編集方針にしたところ…

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
”警告”の意味か、家族が秘密警察に逮捕されるというストーリー展開になりました。

このように、どの記事を選択するかによってストーリーが細かく分岐し、さらに他の登場キャラクターの台詞や運命も変化していきます。

【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」
新聞に影響されてか、いつも帰宅時に立ち寄る店の店主も大っぴらに警察に対する不満を口にするようになりますが、彼も突然秘密警察に逮捕されてしまうかもしれません。自分の編集方針のせいで他人の人生が台無しになったら…メディア運営の責任の重さも疑似体験できます。

ゲームの1ターンは2週間(14日間)で、それを何度も繰り返すことによってストーリーが分岐し、ゲームの深みが増していきます。何が真のエンディングか、どんな編集方針が正解かという明確な答えは敢えて本作には用意されていません。それをプレイヤー個々に委ね、ゲームを通してメディアリテラシーについて徹底的に考えさせるのが本作の狙いなのでしょう。

「ヘッドライナー:ノヴィニュース」はSwitch、PS4、Xbox One向けに12月12日にデジタル版1,600円(税込)、パッケージ版3,980円(税別)でリリース予定です(Xbox One版はデジタル版のみ)。

東京ゲームショウ2019のレポート記事一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.