イベントレポート レポート

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」

投稿日:

当サイトもこれまで何度か「攻略キャラが人間以外の何か」というちょっと変わった恋愛シミュレーションゲームをご紹介してきましたが、「デジゲー博2019」でまたもや尖りまくった新作タイトルを発見しました。それがこちらの「あざ恋」です。

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」
いろんな意味でレベルが高過ぎる。

「あざ恋」は、ゲームの内容自体は一般的な学園モノの恋愛シミュレーションゲームですが、ゲーム内に登場する女性キャラは人間なのに対し、男性キャラはアザラシやアシカ、オットセイなどの「鰭脚類(ききゃくるい)」の姿で表現されています。しかしストーリーは特にそれに触れることも説明することもせず、淡々とシュールに進行していきます。

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」
攻略キャラは男子高校生の「ワモン君」と「ゴマフ君」の2人(匹?)。どう見てもどちらもアザラシです。

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」
ゴマフ君は主人公と幼稚園まで一緒だったものの、父親の仕事の都合で小学校で転校ししばらく疎遠になっていたという設定。真面目で少し合理的なところがあり、学級委員を務める優等生ですが、笑うととてもカワイイ!彼は自分の気持ちに正直になれず、主人公への想いを上手く表現することができないようです。

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」
一方ワモン君は社交的で明るい性格の愛嬌者。主人公とは中学3年生の時に塾で知り合い、それが縁で同じ高校に入学しました。もしかしてゴマフ君の恋のライバル的な存在なのかも?

【デジゲー博2019レポート】男性キャラは全員海獣!アザラシと恋する恋愛シミュレーションゲーム「あざ恋」
こちらは彼らの先生であるオタリア先生。ネコ目アシカ亜目アシカ科アシカ亜科オタリア属の海棲哺乳類で、毛足が長くモフモフしているのが特長です。

このように、攻略キャラだけでなくモブキャラにいたるまで男性という男性は全て鰭脚類。本作を開発するクリエイティブ集団「SOLDIER STORAGE」では、敢えてかわいいマスコット的な表現ではなく、リアルかつ実際の生体に近い動きを目指し、何度も水族館に足を運びアザラシの水槽の前でビデオカメラを回してリサーチを重ねたそうです。さらに各キャラのモーション表現には、Esoteric Softwareの2Dアニメーション専用ソフト「Spine」を使用。これらのこだわりの甲斐あってか、ゴマフ君もワモン君もリアルでありながらもキュートなしぐさや表情を見せていました。

「デジゲー博2019」に出展された試遊版はPC対応でしたが、実際の対応プラットフォームおよび価格はまだ未定で、リリースは2021年の予定とのこと。早く続報を知りたいですが、現在公式Twitterにてクリエイターさんのこだわりが詰まった表情豊かなキャラの立ち絵が公開されています。気になる方は今からフォローしてみて下さい。

「デジゲー博2019」レポート一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.