イベントレポート レポート

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」

投稿日:

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」

東京ゲームショウのインディゲームコーナーには、毎年日本国内だけでなく世界中から優れたインディゲームが試遊出展されますが、近年特に存在感を増しているのがお隣の台湾。特に台湾のインディゲームで顕著なのは、当初よりPCとコンソールの双方に展開することを前提に、ガチなコアゲーマーも満足できるレベルの骨太な大作を開発していること。その中でもGlass Heart Gamesが開発する2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」は、日本人ユーザーにも刺さりそうな作風のタイトルでした。

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」

本作は、女神の呪いにより永遠に夜が明けなくなり、夢と現実、正気と狂気が曖昧になってしまった世界で、夜の街の秩序を守る夜警団「Vigil」に所属する主人公「Leila」が人間を脅かすクリーチャーと対峙するダークファンタジーです。Leilaはただ街を守るためにクリーチャーと戦っているのではなく、何か個人的な目的があるようなのですが、それは序盤では明かされず、冒険を進める過程で他のキャラクターと話したり、探索で見つけた書物などを読み解いていくことで徐々に明らかになっていきます。

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」
基本的なゲームシステムは、敵のタイプに応じて長剣、両手持ちのダガー、弓といった様々な武器を切り替えて戦う王道の2D横スクロールアクション。ただ左から横に進むだけでなく、行き止まりと思しきところで抜け穴を見つけて先に進んだり、敢えて穴に落ちて下層階に降りたりといった仕掛けもあります。レベルアップするごとに取得できるアクションも増えていき、どのアクションを伸ばすかポイントを割り振る育成要素もあります。

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」

【TGS2019レポート】クトゥルフ神話+アジアンホラーな台湾発2D横スクロールアクション大作「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」
それにしても目を奪われるのはその美しいアートワーク。意外なことに本作はGlass Heart Gamesのデビュー作で、プランニングからここまで開発期間は約2年とのこと。開発者さんによれば、「悪魔城ドラキュラ」や「Bloodborne」から影響を受けているほか、H.P.ラヴクラフトの作品が大好きだそうで、クリーチャーも見るからにSAN値直葬系のデザインが多く、クトゥルフ神話ではお馴染みの海辺のエリアや海産物系クリーチャーも登場します。なお、クリーチャーは胴体部分があまり動かず、手足が忙しなく動くという特徴的なモーションだったのですが、これは台湾の切り絵細工のパペットの影響とか。ゲームの舞台は中世ヨーロッパ風で、敵のクリーチャーはクトゥルフ神話的、そしてモーションは台湾の切り絵細工と、一見バラバラな要素がセンス良く噛み合い、ダークながらも美しいアジアンホラーな世界観を構築しているタイトルでした。

余談ですが、Glass Heart Gamesは本作の開発にあたり台湾だけでなく海外の開発者やアーティストともコラボレーションを行ったそうで、BGMの制作を担当したのは、偶然にも筆者の友人でフィンランドにて侍ヘヴィメタルバンド「Whispered」を主宰するリーダーのJouni Valjakka氏。事前に知ることなく出展ブースで話していてその事実を知り、「世界って狭い!」と驚き合ってしまいました。というか、国境や言語の壁を越えて国内のアーティストにBGMを発注する台湾のインディゲーム開発者のフットワークの軽さにも驚きました。

過去記事:
【ライブレポート】ハメーンリンナでフィンランドの侍メタルバンド「Whispered」のライブを見てきた

「Vigil: The Longest Night(守夜人:長夜)」は、2019年内にPC版(Steam版)をリリースし、翌2020年にPS4版、Switch版、Xbox One版をリリース予定。残念ながら今のところ日本語サポートの予定はないとのことですが、この作風が気になる日本のゲーマーもかなりいるのではないでしょうか。現時点ではSteamにてストアページが公開されているので、興味のある方はウィッシュリストに追加して情報をチェックしてみて下さい。

東京ゲームショウ2019のレポート記事一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.