イベントレポート レポート

【TGS2018レポート】VR空間で美少女につんつんしてもらえる感触を体感できる「つんつんVR」

投稿日:

韓国のbhapticsが、同社が提供する触感機能付きVRスーツ「TACTOT」を使用し、美少女につつかれているような感覚を体験できる「つんつんVR」の限定バージョンを東京ゲームショウ2018のVR/ARコーナーに試遊出展しました。

【TGS2018レポート】VR空間で美少女につんつんしてもらえる感触を体感できる「つんつんVR」

「つんつんVR」は、リアルな触覚フィードバックを体感できる「TACTOT」を装着することで、VR空間内の美少女に触られた箇所が現実でも振動し、本当につんつんされているような感覚を体験できるコンテンツ。既にUnityの開発者向けイベント「Unite Tokyo 2018」の企業ブースコーナーでお披露目されていますが、その際は多くの注目を集め、一時Twitterでバズワードになるくらい話題になりました。
このコンテンツを実現している「TACTOT」はベスト状のスーツで、前後それぞれに20個、合計40個のモーター振動子が組み込まれており、またセットになっている額パッドにも5個の振動子が配置されています。スーツの装着はジッパーとマジックテープで行い、装着時は少々きつい感じがしますが、基本的にサイズはマジックテープで調節可能なのでどんな体型の人でも装着することができます。
もともとこの製品は、VR対応のFPSをプレイして被弾した際に、撃たれた衝撃をよりリアルに体感する使い方を想定して開発したそうですが、Unite Tokyoへの出展にあたり日本のIVR(株式会社シス)とコラボしたところ、なぜか「美少女につつかれているような感覚を体験できるスーツ」に魔改造されてしまったとのこと。どうしてこうなった。

【TGS2018レポート】VR空間で美少女につんつんしてもらえる感触を体感できる「つんつんVR」
今回の東京ゲームショウのブースもIVRとのコラボで、「Vカツ」のマスコットキャラクターの「カツキちゃん」につんつんしてもらえました。

【TGS2018レポート】VR空間で美少女につんつんしてもらえる感触を体感できる「つんつんVR」

【TGS2018レポート】VR空間で美少女につんつんしてもらえる感触を体感できる「つんつんVR」
今回の試遊で使用された「つんつんVR」TGS限定バージョンは、人差し指を伸ばした手が先にくっついている棒を持ってカツキちゃんをつつくと、逆に彼女がつつき返してくれるという内容。3Dアバターの共通規格であるVRMに対応しており、カツキちゃん以外の美少女アバターやイケメンアバターに切り替えることもできたほか、後ろにも振動子を内蔵している「TACTOT」の特性を活かし、後ろを向けば背中をつついてもらうことも可能となっていました。さらにつついてくれるだけでなく抱きついてくれることもあり、その際は複数の振動子により本当に体に腕が回されているような感覚を味わえます。これはヤバイ…
なお、「つんつんVR」はソーシャルにも対応しており、2人のプレイヤーが「TACTOT」を装着してオンラインでつながることで、お互いにつんつんしたり抱きしめ合ったりすることも可能だとか。これは確実に廃人が出る…

現在bhapticsは同社のサイト上にて「TACTOT」を販売しており、また「つんつんVR」もSteamでアーリーアクセス版が配信されています。いち早くVR廃人になりたい!という方は試してみては如何でしょうか。

東京ゲームショウ2018レポート一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , , , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.