イベントレポート レポート

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化! 「ビーマジVR」で遊んでみた

投稿日:

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化!

チームEGG株式会社が、東京ゲームショウ2015のインディーゲームコーナーにて同社が提供するスマートフォン向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」(iOS/Android)のVR版「ビーマジVR」のデモを出展していました。

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化!

「ビート&マジシャンズ」は、世界中のプレイヤーとリズムアクションで対戦できるリズムゲーム。人気のボーカロイド楽曲などのBGMに合わせて流れてくるグルーブストーン”をタイミングよくタップしてパフォーマンスゲージを貯め、それが対戦相手よりも高ければ勝利となります。キャラクターには属性があり、同じ属性のグルーブストーンをタップするとスキルゲージが貯まりスキルが発動するほか、新しいスキルを覚えたり、様々なモンスターをスカウトして育成したり、ユニットを結成したりといったやりこみ要素も豊富に盛り込まれています。

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化!
「ビーマジVR」は、スマホ版「ビート&マジシャンズ」のルールはそのままにOculus RiftとKinectを併用することでVR空間でリズムゲームがプレイできるというもの。スマホ版では縦長だったプレイ画面が視野に合わせて横長になり、グルーブストーンを”受け止めて叩く”アクションでプレイします。ちなみにBGMは初音ミクの「千本桜」でした。

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化!

【TGS2015】 スマホ向け対戦&育成リズムゲーム「ビート&マジシャンズ」がVR化!
具体的なプレイ方法は、グルーブストーンが自分の右側に来たときは右手を、左側に来たときは左手を、上に来た時は左右どちらかの片方の手を上にタイミングよく出すことでパフォーマンスゲージが貯まるというもの。Kinectにより自分の手の動きがそのままゲームに反映されるので、広い空間の中でアーケード的な体感型ゲームのようなプレイが楽しめました。またゲームそのものが奥行きのあるVR空間となっているため、スマホ版では上から落ちてくるように見えるグルーブストーンが本当に空間の奥から自分に向かって飛んでくるように見え、ついつい「バッティングマシンからボールが飛んでくるみたいだな」と思ってしまいました。まあ三箇所から飛んでくるのでバッティングマシンの球を打つより難しいのですが…。同じ内容のゲームでも見え方が変わるとプレイスタイルや難易度、印象も変わってしまうんですね。

なお、この「ビーマジVR」は今回のために開発された展示用の技術デモとのことで、特にリリースの予定はないそうです。でも今回お披露目しただけで終わりなんてもったいない!是非またVR系やゲーム系か何かのイベントに出展してほしいと思います。

-イベントレポート, レポート
-, , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.