イベントレポート レポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

更新日:

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

現地時間の11月30日(木)〜12月1日(金)にフィンランド・ヘルシンキのMessukeskusにて、世界最大級のスタートアップ・フェスティバル「Slush 17」が開催されました。以前の「お知らせ」にてお伝えしたように、今回私はメディアパス申請を直前になって拒否されてしまい、渡航後もSlushに入場できるかどうか全く不明という非常にあやふやな状態でしたが、開催前日の午後に様々な方のご尽力により奇跡が発動し、ギリギリになって入場することができました。ここでは詳しく書けないのですが、ご尽力下さった皆様本当にどうもありがとうございました!

ということで、まずは会場の全体的な様子をざっくりと写真で振り返ってみたいと思います。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
昨年は”まともな奴は誰も11月にヘルシンキなんかに来ねーよ!お前みたいなくそったれ以外はな!ようこそ!”と、およそビジネス系イベントとは思えない尖りまくったメッセージを掲げてネット上でも話題になりましたが(過去記事はこちら)、今年のメッセージは…

”普通の連中がしょーもないことを変えた試しはない!変人たちようこそ!”

来場者を「Weirdos(変人)」呼ばわりですよ。Slushの入場メッセージは、こうした普通のビジネス系イベントは絶対に使わないであろう上品ではない俗語を使うのがお決まりなんですよね。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
また、Slushはスクラップや家電ゴミなどの廃材を使用した現代アート作品のような装飾も特徴ですが、今回は廃車のパーツや四角くプレスしたスクラップなど「自動車」をモチーフとした装飾が為されていました。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
こうして装飾された状態を見ると一瞬何だか分からなくなりますね。無骨な鉄の質感とツタのグリーンとの組み合わせも絶妙です。

そして会場に一歩入ると…

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
ビジネス系イベントなのにどこを撮ってもインスタ映えする、それがSlush。

日本で開催されている「Slush Tokyo」も相当スタイリッシュで、2015年の第一回の時でさえ「あ、やべえこれ秋田県の田吾作が参加していいイベントじゃなかったわ」と気後れしたものですが、本家のSlushはその倍以上の規模。日本で例えるなら東京ビッグサイトの西ホール全部に相当する面積が全てブラックライトとスポットライト、スモークで満たされ、まるで巨大なクラブのようになっている空間に、さらに現代アートとスタートアップの出展ブース、様々なステージ、ミーティングエリア、フードブースが設置されている状態はまさにビジネスカンファレンスではなく「フェスティバル」。アーティストの代わりに経営者がステージに上がるフェスです。もちろんこの演出にはちゃんと意味があり、それは「起業家はロックスターみたいにカッコ良い存在なんだ!」ということを目に見える形で示すこと。バンドを組む感覚で会社を作ってもぜんぜんOK!とりあえずやってみろ!とクールな空間を作り出すことで人々を鼓舞しているのです。
ちなみに今年は元アメリカ副大統領のアル・ゴア氏が基調講演を行ったためか例年になくチケット申し込みが殺到し、開催の一ヶ月前に会場の収容可能人数いっぱいの2万人分のチケットが捌けてしまったとか。それだけの人数が初日から入場したものだから、当日の特に午前中は通路を歩くのがいっぱいいっぱいで、とてもゆっくりブースを見て回れる状態ではありませんでした。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
一日目が終了した次の日の朝に国営放送チャンネルを見ていたら、番組内で結構な枠を使ってSlushの現地レポートが放送されました。国営放送がレポートするくらい国家を代表するイベントに成長しているのでしょう。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
イベント中はカンファレンスやピッチ以外の様々なイベントも同時進行で行われます。これは真っ黒な壁にネオンカラーの塗料でライブペインティングしているアーティスト。二日間の開催期間中に作品が出来上がるという企画でした。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
なぜかトイレに行く途中のスペースに設置されていたSlushのロゴをあしらったオブジェ。敢えて目立たない場所に置かれているのが勿体ない!

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
これもよく見ると廃車のボンネットなんですが、ロゴの上にシルエットが重ねられています。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート(その1)
反対側を見ると、昔小学校にあったような映写機が。これもオブジェとして使われているらしく植物の上に置かれていますが…

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
投影する部分にネジやら割れた電球などのガラクタが置かれており、そのシルエットがロゴに重なっていたんですね。ガラクタの組み合わせなのにやたらと凝った演出です。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
終了後にはこんな真っ黒な「Slushバス」が仕立てられ、パーティ会場から会場へ移動しながら車中でもDJパーティというハンパないパリピっぷりのバスも運行されました。

このSlushというイベントは本編自体もフェスのようですが、それが終わった後もオフィシャル・独自企画問わず日付が変わるまで様々なサイトイベントやパーティが開催され、下手をすると午前2:00までパーティをしたのち8:00から朝食会なんてトチ狂ったスケジュールになることもあります。さすがに今回はそこまで参加しませんでしたが…。

【Slush 17レポート】もはや国家規模となったフィンランドの大型起業フェス「Slush」、その模様を写真でざっくりレポート
なお、来年の日程も既に確定しており、「Slush 18」は2018年12月4日~5日の二日間にわたって開催されます。視察したい!ブース出展してみたい!何なら登壇してスピーチしたい!というスタートアップや地方自治体、団体の方は是非参戦してみては如何ですか?


最後に、メインステージの360°パノラマ画像を撮影してみました。よかったらグリグリ視点を動かして見て現地の雰囲気を感じてみて下さい。

Slush 17全レポート記事はこちらから
2017年フィンランド渡航に関する記事はこちらから

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.