イベントレポート レポート

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

投稿日:

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

H2L株式会社が、腕に巻くことで筋肉の動きを検出しVR空間と連動させる新技術「オプティカルアクティブセンシング」を使用したコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」を東京ゲームショウ2017で発表し、その予約受付を開始しました。価格は9,980円(税込)でWeb予約限定でなんと送料無料!12月下旬より予約分を順次出荷予定です。

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

「FIRST VR」は、腕に巻くコントローラー「UnlimitedHand Lite」とスマートフォンを挟んで使用するモバイルVRゴーグルがセットになったVRデバイス。コントローラーに内蔵された筋変位センサ群によってユーザーの腕の筋肉の動きを検出し、それをVRコンテンツ内に入力したり、バイブレーション機能によってコンテンツ内の触覚を再現したりします。もともとH2Lは触感型ゲームコントローラー「UnlimitedHand」を開発・提供しており、東京ゲームショウ2015に出展し同デバイスを披露(当時のレポート記事はこちら)。今回発表された「FIRST VR」にも同デバイスで培った技術が活用されています。

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

【TGS2017】筋肉の動きを検出してVRコンテンツと連動させるコントローラー&モバイルVRゴーグル「FIRST VR」が予約受付を開始 出荷は12月下旬

「UnlimitedHand Lite」は腕時計のような形状で、裏側にセンサ群が配置されています。モバイルVRゴーグルとは専用アプリを介してBluetoothで接続します。

既に専用コンテンツも開発されているようで、ブース内ではフジテレビ社屋をクライミングしてお台場の景色を満喫する「フジテレビ登り」、自分の手から魔法を発動させる魔法使いアクションゲーム「FV Wizzerd」、家の中にあるものを片っ端から壊していく日常破壊ストレス発散ゲーム「母ご乱心」の3つのVRコンテンツが動画で紹介されていました。また、実際の手の動きを反映できる特徴を生かし、アクションによって料理を疑似体験する「料理講座」を行うこともできようです。

手に”持つ”のではなく手に”巻き付ける”という形状なので掌そのものが自由になのるがまず快適なうえに、価格もコントローラー込みで1万円未満とお手頃なのが嬉しいですね。モバイルVRゴーグルはW184×H75×170mmと小さめで、4.7~6.0インチのiPhone/Androidスマホに対応しています。予約ページはこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.