ゲーム ニュース

コーラス・ワールドワイド、架空の国の新聞を編集するアドベンチャーゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」の予約を受付中

投稿日:

コーラス・ワールドワイドが、新作アドベンチャーゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」の予約受付を行っている。Switch、PS4、Xbox One各機種向けに12月12日にリリース予定で、価格はデジタル版が1,600円(税込)、パッケージ版が3,980円(税別)。

コーラス・ワールドワイド、架空の国の新聞を編集するアドベンチャーゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」の予約を受付中

「ヘッドライナー:ノヴィニュース」は繰り返しプレイできる短編アドベンチャーゲーム。プレイヤーは架空の国「ノヴィスタン」で発行される新聞社「ノヴィニュース」の編集長となり、毎日集まるニュース記事の採用・不採用を決め、新聞を編集し、ノヴィスタン国民の世論を作り上げていく。プレイヤーのデスクには日々様々なニュース記事が送られてくるが、デスクの両側には「採用」「不採用」の2つのスタンプが用意されており、それを選択して新聞の見出しを飾る記事を選別していく。中には健康保険の国営化や、新聞のスポンサーである飲料会社が合成アルコール飲料を作った事件、さらに政治の腐敗といったシビアな記事もあり、どのニュースを採用するかによってシナリオが分岐し、プレイヤーの上司や同僚、家族、さらには帰りがけに立ち寄る商店の店主など、周囲の人々にも影響が及んでいく。
シナリオは新聞編集から14日後を繰り返す内容で、繰り返しプレイすることで新しいキャラクターとストーリーが増え、ゲームはさらに深みを増していく。同タイトルはそのリアルかつシニカルな内容から、高校のメディアリテラシーの授業の教材として採用された実績もあるという。
なお、今年9月には東京ゲームショウ2019のKONAMIブースにも試遊出展された。

関連記事:
【TGS2019レポート】真実を伝え体制に睨まれるか?フェイクニュースで民衆を扇動するか?新聞を編集して国の世論を作るシミュレーションゲーム「ヘッドライナー:ノヴィニュース」

デジタル版と同時発売となるSwitch / PS4版には全35曲にもおよぶオリジナルサウンドトラックを収録したSONOCAカードが付属する。予約開始に際し、SOUND CLOUDにてオリジナルサウンドトラックよりオススメの3曲が視聴用として公開されている。

試聴曲:
Beer Run / Georgia At Night / Blood Guts And Pain V2
https://soundcloud.com/user-632520599/sets/headliner-novinews-ost-trial

【タイトル概要】
タイトル名:ヘッドライナー:ノヴィニュース
ジャンル :アドベンチャー
対応プラットフォーム:Nintendo Switch /プレイステーション 4 / Xbox One
リリース日:2019年12月12日発売予定
CERO:B (コンテンツディスクリプション:暴力 / 言葉・その他)
デジタル版価格:1,600円(税込)
Switch, PS4パッケージ版価格:3,980円(税抜)/ 4,378円(税込)
*Xbox One版はデジタル版のみ発売

【ECサイト】
Switch:
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000023003
Xbox One:
https://www.microsoft.com/ja-jp/p/headliner-novinews/9nv1rh3114hp
*PS4版は12月12日発売日当日公開

-ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.