イベントレポート レポート

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画

投稿日:

東京ゲームショウ2018の株式会社ディースリー・パブリッシャー(D3P)ブースにて、とある来場者参加型企画が実施されています。

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
ブースの目印はPS4向けタイトル「EARTH DEFENSE FORCE: IRON RAIN」に登場する巨大怪獣「ベイザル」の巨大オブジェ。こちらは時折白煙を吐くギミックも施されており、もちろん普通に記念撮影するだけでも十分迫力があるのですが、これの隣にARマーカーらしきパネルが置かれているのにお気付きでしょうか。

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
そう!実はこのオブジェ、このブース内でしか見られないARコンテンツが用意されていたのでした。しかしそれを体験するのに別途専用のARアプリをスマホにダウンロードする必要はありません。やることは、このパネルに記載されているQRコードをスマホのカメラで認識し、そこから誘導されるページにアクセスするだけです。すると…

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
この企画専用のページに飛ばされ、そこでカメラへのアクセスを許可してベイザルにレンズを向けると、画面内にベイザルのほかに”何か”が映り込んでいるのが分かります。

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
映り込んでいたのは地球防衛軍(EDF)の隊員たちの3DCGモデルでした。これらは一度画面内に表示された後は、スワイプ移動やピンチ拡大・縮小も自在なので、ベイザルと一緒に組み合わせていい感じになるように自分で調節することができます。

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
私は3人一緒に足元から狙いを付けているような構図にしてみました。いい感じの組み合わせを作ったら、最後に「撮影」ボタンをタップします。

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画

【TGS2018レポート】専用アプリをDLしなくてもOK D3Pブースの”アプリレス”なWeb AR企画
すると一切の画面内UIが省かれた画像が別窓で開き、それをスマホのカメラロールに保存したり、メールに添付したり、TwitterやFacebookに投稿できるようになります。撮影時のブース内の明るさによっては、EDFの隊員たちの3DCGモデルもベイザルと同様に実際のオブジェのように見えることもあり、撮影時のタイミングとちょっとした工夫によって自然な写真を撮ることができます。

東京ゲームショウのブースに於いて、開催期間中にしか見ることのできないARコンテンツを提供するという企画は過去にもいくつかありましたが、これまでは専用のARアプリを配信したり、既存のARアプリとコラボレーションしたりといった手法で、正直来場者にとっては少々面倒でした。特に一般公開日はもの凄い人込みで、Free WiFiどころか4Gさえ重くなる…なんてこともザラ。そんな中でさらに別途ARアプリをダウンロードして起動する作業は一苦労です。しかし今回のD3Pブースの企画のような、WebブラウザのみでARコンテンツを見られる「Web AR」であれば、その場でWebブラウザさえ開けばOKなので手間も待ち時間もほぼ無し。今日触ってみた感じでは特別重いといったこともなく実に快適でした。今後Web ARが普及するにつれ、イベントにおけるAR活用はこうした手法が主流になっていくのでは…と感じる企画でした。皆さんもこのベイザルのオブジェを見かけたらぜひ試してみて下さい。

東京ゲームショウ2018レポート一覧はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.