イベントレポート レポート

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

投稿日:

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

コーラス・ワールドワイドが、イギリス・ブリストルに拠点を置くアニメーションスタジオのRumpus Animation(ランパス・アニメーション)が開発するスマートフォン向け推理アドベンチャーゲーム「Bertram Fiddle(バートラム・フィドルの冒険)」の続編「バートラム・フィドル 惨々たる誤算(原題:The Adventures of Bertram Fiddle: A Bleaker Predicklemnet)」を東京ゲームショウ2017のインディーゲームコーナーにてプレイアブル出展していました。

「バートラム・フィドルの冒険」は、18世紀ビクトリア朝時代のイギリス・ロンドンを舞台に、主人公の冒険家バートラム・フィドルと彼の相棒で執事の”一つ目ギャビン”が連続殺人犯の「殺人鬼ジェフ」を捕らえるため街中を冒険し奇妙かつ巧妙なトリックを解いていくポイントクリック型の推理アドベンチャーゲームです。イギリス流のブラックユーモアやしょーもないダジャレ、産業革命時代を連想させる暗い雰囲気、アニメーションスタジオならではのユニークで妙ちくりんなキャラ、さらに全編フルボイスとてんこ盛りな内容で、コーラス・ワールドワイドによる元のセリフを生かした絶妙な翻訳字幕も楽しいタイトルです。

既に当サイトでは前作のレビューを掲載していますが、前作はさんざん殺人鬼ジェフを追いかけ回したのに結局かすりもしなかったという非常に気になる終わり方でした。

【やってみた】まともな奴が誰もいない!?英国流ブラックジョークが冴える推理ゲーム「バートラム・フィドルの冒険 EP1」

で、本作はどうなったかというと…

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

フィドルがせっけん工場で働いていた。
前作の冒頭で奥さんに働け!と説教されていたクズ高等遊民のフィドルが遂に仕事をするようになったのです!やはり冒険家では食えなかったか…。しかし、これまでめんどくさいことは全て執事の一つ目ギャビンにまかせっきりだったフィドルのこと、まともに仕事などできるはずもなく、居眠りをこいては社長にどやされています。ところが社長は社長で何か隠し事のある怪しげな人物で、人目を忍んで秘密の通路を通ってはどこかに行っている様子。もしや殺人鬼ジェフと繋がりがあるのでは?!

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

ということで前作と同様、気になる場所を片っ端からタップして調べ、情報やアイテムを集めて社長の身辺を探っていきます。引き出しにはアイデアメモと思しきノートが入っていましたが、最後のページの書き込みが気になる…。

ゲームの基本的な進め方は変わっていないそうですが、シナリオやグラフィックは前作の3倍程にボリュームアップし、推理ゲームとしてのやり応えと完成度がさらに高められているとのこと。また日本語字幕を作成するにあたり、普段映画の字幕を担当している方が翻訳を行っているとか。果たして今度こそ殺人鬼ジェフにたどり着けるのでしょうか?今回試遊できたのも冒頭部分だけなので気になって仕方がありません。ダウンロード価格はまだ未定ですが、iOS/Android向けに今冬リリース予定だそうです。

【TGS2017】シナリオ&グラフィックは前作の3倍!英国発のブラックユーモア炸裂推理ゲーム「バートラム・フィドル」の最新作を一足先にプレイ

-イベントレポート, レポート
-, , , , , , , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.