元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Games、さらに190万ドル調達

 

元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Games、さらに190万ドル調達1

米テキサス州オースティンに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのBee Cave Gamesが、Matrix PartnersとDragonrise Capitalから計190万ドルの資金調達を行った。

元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Games、さらに190万ドル調達2

Bee Cave Gamesは米大手ソーシャルゲームディベロッパーのZynga2012年10月に行った大量レイオフで解雇されたスタッフ達が新たに立ち上げたスタートアップ。創業メンバーの全員が大幅縮小されたZyngaオースティンスタジオの元社員で、会社の所在地もそのままオースティンにある。同社が資金調達を行ったのは2013年2月のシード・ラウンドに続きこれで2回目。現在同社では第1弾タイトルであるクロスプラットフォームなギャンブルもチーフのソーシャルゲーム「Bee Cave Blackjack Casino and Slots」を提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket