ソーシャルゲームプラットフォームのViximo、若者向け仮想空間「Gaia Online」と提携

 

ソーシャルゲームプラットフォームのViximoが、若者向けの仮想空間サービスの老舗「Gaia Online」との提携を発表した。

Viximoは2007年にイギリス・ケンブリッジに設立された企業で、元々は仮想アイテムのプラットフォームを提供していた。クリエイターや仮想アイテムを提供している企業は、自分が販売している仮想アイテムをViximoが独自に運営しているマーケットプレイスやFaxebookアプリ、iPhoneアプリで販売することができる。Viximoではこのシステムをそっくりそのままソーシャルゲ手がけている。
一方Gaia Onlineは2003年よりサービスを運営している若者向け仮想空間サービスの老舗。日本のPOPカルチャーに影響を受けたデフォルメされたアバターが特徴で、現在も2000万人以上もの月刊アクティブユーザーを有している。なお、Gaia Onlineも近年はソーシャルゲームの提供に着手しており、現在FacebookとiOS向けにソーシャルゲーム「Monster Galaxy」を提供している
今後両社はソーシャルゲーム提供から仮想アイテム・通貨の販売まで包括的協力を行っていくとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket