元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Games、シード・ラウンドで140万ドル調達

 

元Zynga社員が立ち上げたソーシャルゲームディベロッパーBee Cave Games、シード・ラウンドで140万ドル調達

米テキサスに拠点を置くソーシャルゲームディベロッパーのBee Cave Gamesが、シード・ラウンドにてモバイルゲームパブリッシャーの Glu Mobileや民間・個人投資家らから計140万ドルの資金調達を行った。

Bee Cave Gamesは米大手ソーシャルゲームディベロッパーのZynga昨年10月に行った大量レイオフで解雇されたスタッフが新たに立ち上げたスタートアップ。設立メンバーの全員が大幅縮小されたZyngaオースティンスタジオの元社員で、会社の所在地もそのままオースティンにある。現在同社では初のタイトルである「Blackjack Casino」をFacebookにてテスト中で、今年中に正式サービスを開始し、さらにスマートフォンとタブレットでもプレイできるクロスプラットフォーム・タイトルとして運営する予定だという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket