イベントレポート ニュース レポート

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」

投稿日:

現在、宮城県仙台市の複合文化施設「せんだいメディアテーク」にて、尾田栄一郎先生の人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」が開催されています。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」

「Hello, ONE PIECE」は、もともと「ワンピース」の連載20周年を記念してマレーシアで初開催された企画展を、その他の各地でも巡回開催する展覧会で、仙台開催の後に中国・武漢での開催も決定しています。日本のマンガ作品の展覧会を国内・国外で時差なく開催するというのは非常に珍しい事例ではないでしょうか。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
主な展示の内容は、作中の名シーンを使用した主人公・ルフィの魅力をひも解くコーナーや、原稿・カラーイラストの展示、尾田栄一郎先生のデスクの再現などで、場内にはご当地限定商品も含むグッズ販売コーナーも設けられて。またご覧のとおり場内の写真撮影も可能で、記念撮影にピッタリなフォトスポット的なコーナーも用意されています(動画撮影・録音、モニター画面の撮影、フラッシュ使用はNG)。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
例えばこんなのとか。

で、これだけならよくある展覧会とさほど変わらないのですが、なんと場内に追加料金300円で体験できる「VRコーナー」が設けられていました。
【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」

”ここでは、新世代バーチャルリアリティシステムを使い、仮想3D空間に作者・尾田栄一郎の手で描かれたイラストのVR体験ができます。
3D空間に絵を描くってどういうこと?と思われる方も多いとお思いでしょう。
誌面や画面越しに平面で観るマンガとは違う、作者の脳内に入っていくような体験を、VRならではの3D空間で体験してください。”

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
用意されているブースは4つ。任意で体験する追加コーナーなので休日でもそんなに待なたくても体験できるでしょう。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
使用されているVRヘッドマウントディスプレイはDellの「Visor VR118」。リング状になっているヘッドバンドを頭にスッポリ被って後部にあるダイヤルを回しサイズを合わせるタイプです。

体験できるVRコンテンツの具体的な内容は、尾田先生がGoogleのVRお絵描きツール「Tilt Brush」を使用して「麦わらの一味」をラフから完成まで描くというもので、イラストが完成するまでの一部始終を、まるで尾田先生に”憑依”したかのような視点と感覚で視聴できました。同企画展の公式サイトに「最新のVRシステムを使って作者・尾田栄一郎の頭の中を覗いちゃおう! VR空間の中で麦わらの一味が描かれる様を体験できるぞ !」とありましたが、確かに「頭の中を覗く」という表現がピッタリで、2Dのイラストができるまでを球面状の3D空間の中で眺めるというのは、これまでありそうでなかった不思議な感覚でした。
なお、場内に展示されている作品や尾田先生のインタビュー動画によれば、尾田先生は実物の画材を使用するアナログな手法で作品を描いているとのこと。普段アナログな手法を使用している漫画家がいきなりVRお絵描きツールを使って作品を描いたらどうなるか?というシミュレーション的な側面からも非常に興味深いコンテンツでした。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
この描き下ろし作品の完成版はiPadでも展示されており、360°ぐりぐり動かして鑑賞できました。しかしせっかくの機会だからVRで鑑賞しておきたいところ。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
ちなみに、同企画展のご当地限定企画として、仙台駅~会場周辺にある既存のカフェにて「ワンピース」をモチーフとしたメニューが提供されるコラボレーションが行われています。限定デザインのコースターのプレゼントもあるので、ファンの方は作品鑑賞と一緒にこちらも是非お楽しみください。

【レポート】VRで尾田栄一郎先生の頭の中を覗いてみよう! 人気コミック「ワンピース」の企画展「Hello, ONE PIECE」
ちなみにSENDAI KOFFEE CO.は会場から徒歩わずか2分と近所なのでオススメです。

■開催概要
会期:
2019年8月4日(日)~8月27日(火)
休館日:8月22日(木)
10:00~19:00(最終入場18:30)
※最終日は16:00まで(最終入場15:30)

公式サイト:
https://hello.one-piece.com/

会場:
せんだいメディアテーク 6階ギャラリー
宮城県仙台市青葉区春日町2-1

入場料:
大人1000円
中高生800円
小学生600円
VR体験料:
300円(当日受付)
※料金は税込。
※未就学児は無料です(要保護者同伴) 。
※VR体験券は当日会場で販売します。7歳未満の方は体験できません。
※団体割引、高齢者割引はありません。
※障害者手帳提示者および介護者1名は前売料金を適用します。
※時間指定ではありません。

主催:仙台放送
協賛:菓匠三全
後援:河北新報社、仙台リビング新聞社、せんだいタウン情報 S-style
お問い合わせ:仙台放送
TEL:022-268-2174(平日9:30~17:30)
※混雑により入場制限や待ち時間が発生する場合があります。予めご了承ください
※開催内容は予告なく変更になる場合があります

-イベントレポート, ニュース, レポート
-, , , , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.