イベントレポート レポート

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」

投稿日:

株式会社ORENDAが、Nintendo SwitchおよびPlayStation 4向けにリリース予定のポイントクリック型謎解きアドベンチャー「RainCity(レインシティ)」の日本語版を試遊出展していました。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」

本作は、インディーデベロッパーのBig PineappleとCotton Gameが開発を手掛けた、動物が住む街を舞台とした推理アドベンチャーで、手描きの風合いをそのまま再現した絵本のようなアートワークが特徴です。動物が住む絵本のような世界と書くとメルヘンなゲームを想像するかもしれません。しかし本作の設定は非常にヘヴィ。なぜなら「常に酸性雨が降り注ぐ街」で「突然謎の失踪を遂げたジャーナリストの妹」を探すストーリーなのですから。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
最後に妹から届いた手紙を頼りに、酸性雨が降り注ぐ「レインシティ」を訪れた兄(主人公)。冒険の地であるレインシティは以前は美しい街だったようですが、現在は環境悪化による荒廃が進んでいるらしく、妹は早く帰りたがっていたようでした。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
水彩画のような温かみのある作風ながらも、雨が降り続く陰鬱とした空気と環境悪化による退廃が見受けられるレインシティの街並み。はたして妹はなぜ、そしてどこに消えてしまったのでしょうか?そして今も生きているのでしょうか?

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
手始めに主人公は妹が滞在していたアパートに向かい、管理人や他の住人に話を聞き、妹の部屋を調べることにしました。基本的な操作方法は、気になるところをクリックして調べたり、キャラクターをクリックして話を聞くというもの。その中で手掛かりや次の展開の鍵となるアイテムを見つけることもあり、それらを適切なタイミングで使用してストーリーを進めていきます。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
ここで興味深いのは、それぞれのキャラクターのモチーフとなっている動物の習性がちゃんとキャラクターの設定に反映されていること。例えば豚の掃除のおばちゃんはよく喋り有益な情報を教えてくれるし、ウサギの住人は縄張り意識が強いためウサギ以外のキャラクターを部屋に入れてくれません。そして猫の主人公は…

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
身軽で俊敏なので狭いところや高いところ、危なそうなところもスイスイ移動します。だって猫だから。

【TOKYO SANDBOX 2019レポート】酸性雨が降りしきる街で妹が消えた… 動物キャラとの会話で謎を解くポイントクリックアドベンチャー「RainCity」
妹の部屋の中でカメラを発見した主人公。妹はこの街で何かを取材していたようなので、もしかしたらこの中に手掛かりとなるものが写っているかもしれません。

本作は非常に人気で試遊に待機列ができるほどで、冒頭の10分程度しかプレイできませんでしたが、それでも謎めいた雰囲気や陰鬱とした世界観、それらとは相反するような可愛いキャラクターの魅力が十分伝わってくるタイトルでした。なお、リリースはタイトルにちなんで「梅雨の時期」を予定しているそうです。

(c)2019 BIG PINEAPPLE / Cotton Game. Published by ORENDA Inc.

TOKYO SANDBOX 2019全レポート記事はこちら

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.