やってみた コラム

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」

投稿日:

この「Forest of Serenity」は、イギリスのVRコンテンツスタジオのHolosphere VRとセントジャイルズホスピスの医療専門家が共同開発した、バーチャルな森林の風景を堪能できるOculus Rift/Gear VR/Oculus GO向けの癒しのVRコンテンツです。


本作の特長は、実際に同ホスピスに入院している患者をはじめとした「毎日の痛みや苦しみに耐える人々」をVRによって助けるために開発されたコンテンツであること。本作のナレーションを担当するのは、イギリスの動物学者・植物学者・プロデューサー・作家・ ナレーターと多彩な活躍をするデイビッド・アッテンボロー氏です。


まずタイトル画面で「Start」に視線を合わせると、このような鬱蒼とした森の中に降り立ちます。


森の中にはシダ植物をはじめとする様々な草木や花、昆虫、鳥が生息しています。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
しかしよ~く見回すと、どうも草木や花の縮尺が現実のものとは少々異なるようです。敢えてこうして「現実ではないどこか」という仮想の森であることを表現しているのでしょう。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
そうして自動的に前方へ動く視線に合わせて周りを見回すと、ふとカラフルな鳥が自分の側にいるのに気づきました。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
鳥はあちこち飛び回るものの、どうもさり気なく常に自分の側にいるようです。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
そして進んでいくと、ふと開けた場所に出ました。木漏れ日がまぶしい!

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
そこは森の中に突然現れた静かな湖と滝。まさに絶景です。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
右側を見るとそこにはヤシの木に掛けられたハンモックが。でもこれも草木・花と同様に縮尺がちょっと変です。一体誰のためのものでしょうか?

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
こうしてしばらく湖を眺めていたら、突然湖の中から大きな岩が現れました。
本作は、「森をリラックスして探検し、活気あふれる自然の生物を眺めて、同時に痛みを視覚化してそれを捨て去る」ことがテーマなのだそうで、この岩は「痛み」の象徴なのでしょう。

【レビュー】仮想の森を眺めて苦痛を和らげる --- イギリスのホスピスが作った真の癒しVRコンテンツ「Forest of Serenity」
そして岩は湖の中にボチャンッ!と沈んで見えなくなってしまいました。途端に大きな波紋が広がる湖。これはまさに「痛み」が消えた瞬間を表現しているんですね。

なお、本作は完成後に実際にホスピスにて実証実験を行ったそうで、体験者は本当に痛みを忘れてVR空間に没入していたとのこと。中皮腫難治性疼痛を患っていた患者は「6ヶ月ぶりに痛みを完全に忘れていた」とまで回答したそうです。

現在本作はOculus Storeで完全無料で配信されており、もちろん健康な人も体験可能ですが、美しい景色をひたすら眺めるという静かな体験は、高齢者やVR酔いしやすい人にVRを勧める際の良いデモになるのではないかと思いました。

ダウンロードはこちら(無料)

Oculus Go - 64 GB

-やってみた, コラム
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.