コラム 特集

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」

更新日:

3月10日(土)に、これまで6年住んでいた実家のある秋田県横手市から宮城県仙台市へと引っ越したのですが、仙台市は「日本一企業しやすい街」「ITの街」を目指しているとのことで、そのせいか市内には地方都市とは思えないくらい多種多様なコワーキングスペースが存在します。

コワーキングスペースとは?

事務所スペース、会議室、打ち合わせスペースなどを共有しながら独立した仕事を行う共働ワークスタイルを指す。一般的なオフィス環境とは異なり、コワーキングを行う人々は同一の団体には雇われていないことが多い。通常、在宅勤務を行う専門職従事者や起業家、フリーランス、出張が多い職に就く者など、比較的孤立した環境で働くことになる人が興味を持つことが多い。

Wikipediaより抜粋

ということで、せっかく仙台に引っ越したので市内にあるコワーキングスペースを巡ってみることにしました。第一弾はこちら、”オタク応援”コワーキングスペースの「mag(まぐ)」さんです。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」

コワーキングスペースと聞くと、いかにも意識の高そうな人達がMacbook Airあたりを開いて高速タイピングしてドヤっている風景を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、ここはちょっと(?)違います。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
いきなり看板に東北応援キャラ「東北ずん子」が…さすが”オタク応援”を謳っているだけありますね。

東北ずん子とは?
SSS合同会社による東北応援キャラクター。東日本大震災からの復興支援を標榜し登場したキャラクターで、東北企業であれば無償・版権申請なしでイラストを商用利用できる。姉に東北イタコ、妹に東北きりたんがいる。

コワーキングスペース「mag」があるのは仙台市泉区。仙台市街地からちょっと離れた立地で、公共交通機関を使用して行く際は地下鉄南北線の旭ヶ丘駅からバスで5分/徒歩で20分ほどの距離になります。お店には車一台分の駐車スペースがあり、近隣にコインパーキングもあるので車で行くことも可能です。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
1Fの「ハッピーカット」の脇にある階段を登ると右手に入口が出現。入口にも東北ずん子と東北きりたんのフィギュアのポスターが貼ってあります。ガチだ。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
magの料金体系は利用時間ベースで月額会員のプランはありません。それにしても1時間200円って安っ!3時間でも500円、まるまる一日いても1000円ポッキリです。それでWi-Fi、電源完備でドリンクも無料なうえに、プラモデルの組み立て用の工具と撮影ブースもあるという至れり尽くせりな環境。確かに”オタク応援”の看板に偽りなしです。

営業時間は火曜日~日曜日の12:00~19:00で定休は月曜日。このほかイベント会場として貸し切りの予定が入っていたり、お店自体が他のイベントに参加する場合には一般利用できないことがあるので、行く前に公式サイト内のカレンダーをチェックしておきましょう。

それにしても圧巻なのは東北ずん子の推しっぷり!

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ~(東北三姉妹がいっぱい~)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(フィギュアもかわいい)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(ガチャもあります)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(東北ずん子のパネルと一緒に記念写真を撮ることもできます)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ!(ずん子仕様のギターまで飾られてる!)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(只今東北ずん子スタンプラリー開催中。スタンプの数に応じて宮城県の特産品がもらえます。実施期間は4月22日まで)

…と、どこを見ても東北ずん子(三姉妹)だらけ!もはやずん子グッズショップです。実際、貸し切りイベントの開催中もグッズだけ買いに来るお客さんが来たり、東北以外のずん子ファンがこの空間を求めてわざわざ来店することもあるそうです。仙台のオタクを応援するだけでなく、県外からも集客して地域振興に貢献しているなんて地方コワーキングスペースの鏡です!

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
展示のみでしたが東北三姉妹のガレージキットもありました。フィギュアの原型師さんもここを利用しているとか。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(セルフサービスでコーヒー飲み放題。もしそれ以外のものが飲みたくなっても、道路を挟んだ斜め向かいにコンビニがあるのですぐ買い物に走れます)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
店内の席数はカウンター席・テーブル席合わせて16席ほど。料金表のところには書いてありませんでしたが、PCとペンタブレット、ミシン、プロジェクターもあり、勿論これらも頼めば貸してもらえます。デジタルからハンドメイドとありとあらゆる”ものづくり”に対応しているんですね。

仕事や勉強、読書のためにここを利用するお客さんも勿論いますが、このようにオタクに優しいお店なので、定期的に模型の製作会や撮影会といったイベントも行われています。ちなみに今回私は「仙台ドールカフェ」というドールや可動フィギュア等を持ち込んで遊んだり飾ったり語り合ったり撮影したりするお茶会に参加するためにここを訪れたのですが、十数人が一気に集まってテーブルにお菓子や人形を広げても余裕で過ごせるくらい広くて居心地の良い場所でした。建物の外観を見た時と比べ実際の室内はかなり余裕があります。

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(撮影用小道具を出してもぜんぜんOK)

【仙台コワーキングスペース巡り Vol.1】”オタク応援”コワーキングスペース「mag」
んふんふ(お菓子を広げてもまだ作業スペースがあります)

ちなみにお店の隣には、これまた有名な模型/モデルガンショップ「ホビーショップNODA-YA」があり、もし模型の製作会イベントで何か足りなくなってもすぐに買いに走れます。製作会/撮影会に参加したいけど何も持ってない!という場合でもここで何か買えばすぐに参加できますし。というか隣が模型店で斜め向かいがコンビニって立地が最強過ぎ!仙台市の中心部にある他のコワーキングスペースと比べればちょっと遠くてアクセスのしづらさはあるものの、週末もオープンしていてこれだけ充実した設備もあるなら、むしろ立てこもって作業に集中するには良い環境かもしれません。じっくり自分の作業に没頭したい、オタク活動に励みたい、なんて方にはドンピシャな場所ではないでしょうか?

【店舗情報】
住所:
仙台市泉区南光台南2-1-3 七福ビル201
営業時間:
火~日曜日:12:00~19:00(月曜日定休)
公式サイト:
http://office-mag.net/
Twitter:
https://twitter.com/office_mag
Facebook:
https://www.facebook.com/officemag/

-コラム, 特集
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.