その他 レポート

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

更新日:

先の記事でフィンランド・ヘルシンキから北へ約100kmほどのところにある街・ハメーンリンナで侍メロディックデスメタルバンド「Whispered」のライブに参戦した件について書きましたが

【ライブレポート】ハメーンリンナでフィンランドの侍メタルバンド「Whispered」のライブを見てきた

問題はその後でした。というのも「ヘルシンキに帰る手段がない」のです。ライブ自体は午前1:30頃に終了し、てっきり私は会場のライブハウス(というかライブバー)でそのままファンと一緒に打ち上げでもするのだろうと高を括っていたのですが、ライブが終わった直後、それまでの熱狂がウソだったかのようにほとんどのファンがさっさと帰ってしまったのです。車で来ているため酒が飲めないのは仕方ないにせよ、他のファンと語り合ったりメンバーと交流しようと思えばできるのに。しかもWhisperedのメンバーすら片付けと精算が終り次第すぐにホームタウンのタンペレ(ハメーンリンナよりもっと北にある内陸の街。工業都市として有名)に車で帰ってしまいました。まあファンがほとんど帰ってるんだからバンドだけ残ってても意味ないし。でもそれにしたってそっけない。フィンランドのバンドとファンって日本みたいに夜通し飲み会とかしないんですかね?やっぱり地方だと車移動がメインだから?かくして見知らぬ街のメタルバーに数人の地元民と共に残された私は、閉店時間ギリギリまで呑んで時間を潰すしかなくなったのでした。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
んふんふ(ビールこそが神の水)

それにしてもいくら客が入ってもロクに酒を呑まないんじゃライブバーはたいして稼げないんじゃないでしょうか。私はなんだかんだビールを6杯くらい呑んだのですが、閉店時にお店の人に「わざわざ日本から来たの?!凄いね!たくさんビール呑んでくれてありがとう!」とお礼を言われてしまいました。ライブバーで酒を呑んでお礼を言われたのはこれがはじめてです。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
しかしどんなに粘ってもライブバーの閉店時間は午前3:00。最後まで残っていた地元民もみんな歩いて家に帰っていきました…。ちなみにこの時の外気温は−13°です。

来た時と同じように特急列車「InterCity」でヘルシンキに帰ればいいんじゃないかとお思いでしょう。ところが電車の始発はなんと6:00台!始発が動き出すまで駅も施錠されており中で暖を取ることは無理です。3時間も−13°の中にいたら秋田県民と言えど余裕で死ねます。そこでバスの時刻表を調べたら…

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
これだ。

4:05ハメーンリンナ発→5:50ヘルシンキ着。切符代は17ユーロ(約2080円)。フィンランドではバスの切符はその場で運転手から直接購入するのが一般的らしいので事前購入の必要はありません。1時間ぐらいならどうにか我慢できます。ただ肝心のバス停がどこにあるのかはっきり分からなかったのですが……ひらめいた!

Pokémon GOをプレイしながら街歩きしてバス停を探せばいい

位置ゲーをプレイしていれば1時間なんてすぐ過ぎるし、動いていれば寒さもしのげるし、ゲーム画面でマップも見られるし、おまけにポケモンもGETできるし良いことずくめです。

ということで早速GO!

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
地方都市のポケストップ数はどうだろう?と若干不安でしたが、実際はヘルシンキほどではないにせよ結構な数のポケストップがあり、普通に街歩きしながら楽しめる感じでした。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
あとハメーンリンナは深夜でも景色が奇麗!薄っすら氷が張った川、ライトアップされた建物、派手なイルミネーションなど見どころがいろいろあって飽きません。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
海外の見知らぬ街を深夜に徘徊するなんて治安面は大丈夫かと思われるでしょうが、犯罪云々の前にまず人が歩いていません。そもそも−13°だと手がかじかんでスリやひったくりも不可能!たまに人が歩いていても十中八九酔っ払いです。万が一酔っ払ったまま外で寝たら確実に凍死するでしょうね…。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
パブリック・アートや展示物、看板などのポケストップで順調にボールを補充し…

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
コンスタントに出現するポケモンをGETしていきます。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
ハメーンリンナはどういうわけか「ケーシィ」や「スリープ」などのエスパータイプのポケモンが多数出現しました。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
また湖や池、川のある街のためか内陸なのにみず系ポケモンも豊富。ハメーンリンナはバランス良くいろいろなタイプのポケモンをGETできる街なのかもしれません。

最初の10匹くらいまでは楽しくプレイできました。確かに楽しかったんですが、手の感覚が完全になくなりました。もう手がかじかむレベルではなく本当に動かなくなりボールが投げられません。そのうち顔の筋肉も固まって口が動かなくなり、さらに横隔膜もこわばったのか呼吸するのも大変になってきました。これ、マジでヤバいやつだ…

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
なぜポッポやビードルごときにスーパーボールを使ってるんだとお思いでしょうが、一度も暖を取らずに−13°の環境に居続けるとこれくらい判断力が低下するんですよ。私も今スクリーンショットを見て「何やってんだ私?」と思ってますから。

そんなこんなで街の中心地であるマーケット広場にたどり着きました。

【レポート】気温マイナス13度の環境で1時間「Pokémon GO」をプレイして死ぬかと思った話
奥にあるのはハメーンリンナ教会(Hameenlinnan kirkko)。日中には広場にカフェや露天が出て観光地としても人気らしいですが、当然深夜には何もありません。本物のもみの木でできた大きなクリスマスツリーが奇麗ですが、既にこの時は鑑賞する心の余裕すらありませんでした。


なお、ヘルシンキ行きのバスがこの広場の敷地内に停車することを偶然知り、無事バスを待つことができました。誰かが置いてったロウソクの小さな灯りが本当にありがたい…。


んふんふ(17ユーロでバスに乗車。助かった…)

結論から言うと、−2ケタ台の気温の中で「Pokémon GO」をプレイするのは危険です。命に関わります。やるにしても1時間が限界!この後ヘルシンキに帰ったら気温が−3°だったのですが、バスから降りた瞬間「−3°もある!超あったかい!」と思ってしまいましたからね。どれだけ私が正気を失っていたかお分かり頂けるでしょう。

ここまでずっと寒々した写真ばかり貼ってきましたが、おそらく日中のハメーンリンナはとても素敵な街なのだと思います。日が暮れた後も街のあちこちに派手に飾られたイルミネーションが楽しめるので、観光するならお店が開いている20:00までに行くのがオススメです。


Pokémon GOが普通にプレイできるということはIngressもプレイできるということ。ポケストップ以上にポータルもたくさん生えているので、ハメーンリンナは位置ゲー目的で行っても楽しめる街です。

フィンランド (ブルーガイドわがまま歩き)
フィンランド (ブルーガイドわがまま歩き)

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus) & 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙&ポケットモンスター サン・ムーンに利用できる300円割引クーポン 配信
Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus) & 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙&ポケットモンスター サン・ムーンに利用できる300円割引クーポン 配信

-その他, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.