3Dプリンタ ニュース

業務用3DプリンタメーカーのStratasys、個人向け3DプリンタメーカーのMakerBotを4億300万ドルで買収

投稿日:

業務用3Dプリンタ販売のStratasys、個人向けデスクトップ3Dプリンタ販売のMakerBotを買収

業務用3DプリンタメーカーのStratasysが、個人向けデスクトップ3Dプリンタの販売や3DCGデータの共有・販売プラットフォーム「Thingiverse」の運営を手がける3DプリンタメーカーのMakerBotを4億300万ドルで買収した。

業務用3DプリンタメーカーのStratasys、個人向け3DプリンタメーカーのMakerBotを4億300万ドルで買収2

Stratasysは米ミネソタ州ミネアポリスに拠点を置く3D造形機(ラピッドプロトタイピング)及び3Dプリンタのメーカーで、業務用3Dプリンタ市場では50%のシェアを持つ主要企業。一方MakerBotもニューヨークに実店舗を持つ代表的な個人向け3Dプリンタメーカーの一つで、同社の3Dプリンタはアメリカだけでなく世界各国で販売・使用されている。また今年3月には3Dプリンタだけでなく3Dスキャナの開発・販売も行うと発表した
今回の買収により、MakerBotはStratasys傘下の企業となるがブランドは今後も維持されるとのことで、サービスもこれまでと同様に続けられる。

現在、3Dプリンタ市場は合併や買収など業界再編が活発化しており、Stratasys自身も2012年4月にイスラエルの3DプリンタメーカーObjet合併している

自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~
自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~

3Dプリンタの社会的影響を考える―英国の政策レポートをもとに
3Dプリンタの社会的影響を考える―英国の政策レポートをもとに

-3Dプリンタ, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.