3DプリンタのStratasysとObjetが合併

 

3DプリンタメーカーのStratasysObjetが合併を発表した。合併後はStratasysの名称に統一され、引き続き3Dプリンタ開発を進めていくという。

Stratasysは米ミネソタ州ミネアポリスに拠点を置く3D造形機(ラピッドプロトタイピング)及び3Dプリンタのメーカーで、3Dプリンタ市場では50%のシェアを持つ。Objetはイスラエルのレホボトに拠点を置く3Dプリンタメーカーで、世界で唯一の複数の材料で出力が行える3Dプリンタ「Objet260 Connex」を開発・販売していることで知られている。今回の合併により、旧Stratasys CEOのScott Crump氏は新生Stratasysの会長に就任し、Objet CEOのDavid Reis氏は同CEOに就任する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket