【レポート】アメーバピグで浜崎あゆみのライヴ生中継を見てきた

   2014/11/23

10月19日(水)、株式会社サイバーエージェントが運営する2D仮想空間「アメーバピグ」にて人気アーティストの浜崎あゆみさんのライヴ「ayumi hamasaki ~POWER of MUSIC~ 2011 A LIMITED EDITION」の生中継が行われました。同様の試みはSecond Life内だとユーザー間でしょっちゅう行われていますが、仮想空間サービス自体がメジャーアーティストのライブを”空間内”で生中継するのは日本初の事例です(もしかしたら世界初かも)。

アメーバピグでは動画配信が伴うイベントを開催する際、毎回”視聴料”的な感じでチケットとなる仮想アイテムを販売します。今回はこんなアイテムでした。↓

アバター用のパーカーです。

こうした「お金を払ってネット上で動画を見るサービス」だと日本ではニコニコ動画が一番普及しているかと思います。しかし動画サイトで視聴料を支払っても見終わったら”それだけ”です。しかし仮想空間内でそれをやる場合、そこには「アバター」と「空間」が存在するため視聴料を「仮想アイテム」として販売することができます。これの利点は、お金を払って動画を見終わった後でも仮想アイテムが「記念品」として残ることです。もっともこの仮想アイテムも”データ”なわけで形が存在するわけではありませんが、それでも視聴料を払ってそれだけなのと何かしら残るのとではユーザーの満足度が違います。さらに仮想アイテムを使用することで「自分はあの時このイベントに参加した!動画を見た!」と他のユーザーに見せびらかすこともできます。この視聴料として仮想アイテムを販売する手法は「課金と体験の可視化」と言えるのではないでしょうか?

ただ、今回の浜崎あゆみライブのパーカーの価格は2000アメーバゴールド(2000円)。これまで販売されたチケット・アイテムの中では最高額です。果たしてユーザーは集まるのだろうかと実はちょっと心配だったのですが…

満員だらけ。杞憂だったようです。

今回の取り組みは、さいたまスーパーアリーナで開催される浜崎あゆみさんのライヴ「ayumi hamasaki ~POWER of MUSIC~ 2011 A LIMITED EDITION」の全内容をアメーバピグ内に生中継するというもの。配信は様々な映像コンテンツを楽しむことができる「ピグドーム」エリアにて行われました。

会場はこんな感じ。

ライブ開始30分前から場内の中継が始まりました。

まだ無音ですが結構クリアな画質です。

そして19:00にライブスタート!突然音が出てちょっとビックリしましたw

浜崎あゆみさん登場!

前にも書きましたが結構良い画質です。YouTubeやニコニコ動画、Ustreamのストリーミング動画を見ているのとほとんど変わりません。もしかしたらそれらより良いかも。

さらに画面を拡大・縮小しても配信画面がそれに追従します。

これが一番小さくした状態なのですが画面はちゃんと動いています。

さすがに最大サイズにすると画質は落ちてしまいますが。

しかし客席にいる全員が黒いフードをかぶっているのでまるで黒ミサのようですw あとみんな寝ていますが、これは一定時間アバターを動かしたりチャットしなかったりすると自動的になるもの。おそらく皆画面に見惚れているのだと思います。

そしてなんと!浜崎さんがMCでアメーバピグとUstreamにてライブが生中継されていることに言及しました。さいたまスーパーアリーナの満員のお客さんに対してこれは凄い!この広告効果は絶大です。

さらに浜崎さん、その後のMCでも「PCの前にいるみんな」と呼びかけていました。実際の会場にはいない、PCで生中継を見ている人達も全員「観客」であると捉えているんですね。ふと、これからの時代の音楽ビジネスはいずれ近いうちに皆こうなるんじゃないか?と思ってしまいました。楽曲やPVをWebで配信し、さらにリアルで開催するライブの模様もWebで配信して音楽体験の全てを全世界レベルで共有する。そしてライブのストリーミング映像の視聴料を「仮想アイテム」として販売し仮想空間内におけるプロダクト・プレースメントも行うという。そういえばアメーバピグは過去にも空間内で楽曲の先行試聴やPVの先行配信をやっているんですよね。そう考えると、仮想空間は音楽ビジネスのプラットフォームとしても活用できるのではないでしょうか?

ちなみにアメリカの3Dチャットサービス「IMVU」では、仮想通貨で服飾アイテムや家具などの仮想アイテムを買うのと同じように仮想通貨でアーティストの公式楽曲が買えるというサービスを行っています(サービス開始当時のプレスリリースはこちら)。もし自分の好きなアーティストの新曲やPVの先行視聴ができて、公式仮想アイテムが買えて、さらにライブの生中継映像も見ることができて、そして楽曲自体を購入できる仮想空間があったら……きっと入り浸ってしまうでしょうね。

FIVE(DVD付)
FIVE(DVD付)

FIVE(数量限定生産)
FIVE(数量限定生産)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket