その他 レポート

【レポート】動くサンリオキャラが可愛い過ぎる件---「第26回 輝け!2011年サンリオキャラクター大賞授賞式」

更新日:

9月14日(水)の20:00より、株式会社サイバーエージェントが運営する2D仮想空間「アメーバピグ」にて「第26回 輝け!2011年サンリオキャラクター大賞授賞式」が開催されたので参加してきました。

 

会場はこんな感じ。同じデザインの空間が複数用意され、同時にたくさんのユーザーが1つのイベントに参加できるという有名人イベントと同様のシステムで開催されました。

なお「 サンリオキャラクター大賞」とは、サンリオが1986年から毎年実施しているキャラクターの人気投票企画のこと。今年度は361,934通ものファンの投票が集まったとのことで、これをもとにノミネートされた105キャラクターの中から人気ランキングが決定されました。
今回の「第26回 輝け!2011年サンリオキャラクター大賞授賞式」の目玉は、その人気ランキング上位1~4 位までのキャラクターがアメーバピグ上に登場するということ。それも自動化された「NPC」ではなく、アバターとして動いたり喋ったりするキャラクターで登場。有名人やアーティストといった実在の人物ではなく、キャラクターがアバターとして登場するのはアメーバピグでも初の事例となります。

そこでまず登場したのは…

第3位のハローキティ!(なぜか後ろ姿)この頭の丸みが( ´ ▽ ` ) クラウンまでかぶってる。かわいい!

そして次に登場したのは第2位の「リトルツインスターズ」のキキとララ!元の淡いブルーとピンクのカラーはそのままに、ちゃんとアメーバピグのデザインになっているのがすごい。そして喋ってる!

お次は第4位のポムポムプリン!パっと見てもうお気づきでしょうが、このポムポムプリンだけ先のキティやキキとララとは違う体型をしています。先のキャラたちは頭が胴体よりも大きい2頭身という一般的なアメーバピグのアバターデザインですが、このポムポムプリンは頭と胴体がほぼ同じサイズになっています。それで跳ねるものだからより一層”ぽよんぽよん”している感じがしてかわいい!

そして最後に登場したのは第1位のマイメロディ!片方だけ折れている耳もちゃんと再現されています。

全員集合!ちなみに壇上で後ろを向いている人は司会者です。

そういえば皆、通常のデザインには無い特別な服やアクセサリーを身に付けていますね。こういう「着せ替え」が感じられるところもアバターっぽい。

実際キャラクターのクリックすると、一部表示が削られているものの通常のアバターと同様のウィンドウが出現します。本当に有名人やアーティストのイベント時と同じ形式のようですね。

で、こうして喋ったり動いたりしているキャラクターたちを見ているうちに、だんだん何とも言えない奇妙な感覚になってきました。明らかにアニメーションを見るのとは違う。かといってサンリオピューロランドに行って着ぐるみと触れ合うのとも違う。架空のキャラクターと自分自身が本当に同じ空間に同一の存在として共存している感じとでもいいましょうか(でもあくまでも仮想空間内でアバターとして)。ふと、ドラえもんのひみつ道具の一つである「絵本入り込み靴」(絵本の世界に入ることができる二次元万歳な道具)を使うとこんな感じなのかな?と思ってしまいました。

そしてラストはもうアメーバピグのイベントの恒例となっている記念写真タイム。各キャラクターがトコトコ走る様は本当にかわいい過ぎる!そしてそれぞれ全然違うデザインなのにちゃんとアメーバピグのデザインと違和感無く調和しているのがすごいです。こうして一般ユーザーのアバターと並んでも、ちょっと頭が大きいくらいで不自然な印象がありませんでした。

なんかこう、いつも行われている有名人やアーティストのイベントとは一風違った不思議な感覚が味わえたイベントでした。

Kiki&Lala Dreamy Diary
Kiki&Lala Dreamy Diary

アメーバピグ 公式ガイドブック
アメーバピグ 公式ガイドブック

-その他, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.