いろいろな仮想空間にログインしてみた

第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」

更新日:

今回は、本日13:30よりオープンしたばかりの、株式会社セガトイズが株式会社サンリオと共同開発したキャラクター「ジュエルペット」を起用した日本国内では初となる”仮想空間付玩具「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」をとり上げてみたい。

【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
↑リアル商品のうぇぶぐるみ。本日より第一弾としてジュエルペット33種類の中から8種類の「うぇぶぐるみ」が発売されている。
「おもちゃを買うともれなく仮想空間も付いてくる」というリアル商品連動型サービスは欧米では既にいくつか例があるが、日本で本格的に展開されるのはこれが初めての例となる。
関連記事:
人気のぬいぐるみと連動した子供向け仮想世界「Beanie Babes 2.0」
「ジュエルペット」の世界観は「魔法」。ユーザーは魔法の国「ジュエルランド」に住む魔法使いとなって、一緒に暮らす”魔法使いの見習い”である「ジュエルペット」を一人前の魔法使いになれるよう育てる。つまり、このサービスは仮想空間での暮らしに加え「物語のロールプレイング」と「育成ゲーム」としての楽しみ方もできるというわけだ。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ジュエルペットの「うぇぶぐるみ」(ぬいぐるみ)にはそれぞれ付属カードにシリアルナンバーが記載されており、そのナンバーを「うぇぶぐるみ」のサイトで入力すると2Dの仮想空間にログインでき、自分が購入したリアルのうぇぶぐるみと同じキャラクターと一緒に仮想空間内で生活し、遊ぶことができるようになっている。
筆者はこちらのピンクのペルシャ猫のキャラクター「ガーネット」でプレイしてみることにした。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
こちらがうぇぶぐるみのサイトのトップページ。最初にアカウントを登録する際はページ下部の一番左のボタンをクリック。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
すると別ウィンドウで登録ページが開くので、シリアルナンバーやユーザー名、誕生日などのデータを入力する。尚、このサービスの対象年齢は6歳以上なので、小さい子供が入力することを想定してか、名前に使える文字はひらがなかカタカナの2種類しかない。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
そして自分のアバターを選択する。一応男の子っぽいアバターが用意されているが5種類のうち4種は明らかに女の子。やはり基本的には女の子向けのサービスのようだ。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
そして自分の部屋に到着。移動したいところをマウスでクリックするとアバターが自動的にそこまで歩いていく操作システムになっている。操作は基本的に全てマウスクリックで行えるようだ。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ということでまずは食べ物を与えてみる。ログイン時にあらかじめ持ち物の中に何種類か食べ物アイテムが入っているので、食べさせたいものを選んでジュエルペットの上にドラッグ&ドロップする。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
次に部屋の模様替え…といっても、最初に持っている家具アイテムは勉強机だけなのでまだまだ寂しい…。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ジュエルペットに話しかける。あまり放っておくと画面右側に表示される「なかよし」ゲージが下がって成長が遅くなってしまうのでこまめに話しかけよう。とはいえ、文字を打ち込むチャットではなく、あらかじめ用意された言葉の中から好きな言葉を選択して話しかける「テンプレートチャット」なのでそれほど面倒ではない。話しかけるとジュエルペットが受け答えをしてくれる。

【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
部屋の中で魔法を使ったら、いきなり”京都っぽいところ”にワープしてしまった。他にもいろいろな場所に行くことができるらしいが、今のところ行けるのはここしかなかった。魔法のレベルが上がれば移動できる場所も増えるのだろうか?
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
こちらが現在移動できる「ジュエルランド」内のマップ。場所の名前をクリックすると自動的にワープするようになっている。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ショップは今のところ2種類あり、それぞれ食べ物アイテムと家具アイテムを販売している。仮想通貨「jw(ジュエル)」で買い物が楽しめるようになっており、ログイン時に200jwもらえるので最初はそれで買い物ができるのだが、家具はちょっと高価でまだ手が出ない。しかしアイテムの種類は今後もどんどん増える予定とのことなので、安いアイテムが出るのを期待しよう。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
こちらは「ジュエルランド」を統べるお姫様の部屋。ジュエルペットを育てるコツなどいろいろな話をしてくれたり、その日の運勢を占ってくれたりする。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
主な活動の場となる「魔法学校」。他のユーザーとコミュニケーションしたりミニゲームで遊んでジュエルを稼いだり魔法レベルを上げることができる。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ここは他のユーザーとおしゃべりできる「ホームルーム」。既に多くのサーバーが用意されているようで、万が一”教室(チャットルーム)”が満員になっても他の教室に移ることができる。しかし本日の13:30よりサービスが始まったばかりなので、今のところどこの教室に行ってもまだユーザーはあまりいない。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
ミニゲームは「クラブ活動」と称して提供されている。現在プレイできるのは「カード合わせ(神経衰弱)」と「魔法音楽(音ゲー)」、「マジカルビューティスロット(スロット)」の3種類。回数を重ねることにより遊べるステージも増えていき、獲得できるジュエルも増えていく。
【集中特集:セカンドライフ以外のメタバース】第29回「うぇぶぐるみ~ネットで出会える魔法ペット~」
基本的にゲームの成績が悪くてもいくらかはもらえるようになっており、ジュエルがマイナスになることはない。ただ、ジュエルは「レッド」「ブルー」「グリーン」「ブラック」の計4種類があり、自分の飼っているジュエルペットの種類によって使えるジュエルが違う。もし使えない色のジュエルをもらったときは他のユーザーと交換して、それをきっかけに交友を深めるのもよいだろう。
まだ始まったばかりなのでアイテムやミニゲームなどは充実しているとは言い難いが、子供でも直感的に操作できるくらい使いやすく、また作り込まれた世界感は、今までの日本の子供向けWebサービスにはない魅力を感じた。
また、サイト内に使用されている説明文や注意文もひらがなを多用し、漢字にはふりがなを振って子供でも読めるよう配慮しており、仮想空間を使用して子供に「正しいインターネットの使い方」を教えようとする姿勢もうかがえた。何でも「危ないから禁止!」とするのではなく、このように分かりやすく説明して「啓蒙」するという取り組みは今後さらに重要になっていくのではないかと思う。
尚、うぇぶぐるみの第ニ弾は12月に、第三弾・第四弾は来年の発売を予定しているとのこと。
うぇぶぐるみ
http://www.web-gurumi.jp/
関連記事:
セガトイズ、10/2に女児向けの仮想空間付き玩具「うぇぶぐるみ」を発売

-いろいろな仮想空間にログインしてみた

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.