3DCG VR ニュース

駆逐艦「菊月」の3DモデルをMITライセンスで作成・公開するクラウドファンディングが始動

投稿日:

旧日本海軍の駆逐艦「菊月」の戦友会「駆逐艦菊月会」が、クラウドファンディングプラットフォーム「Readyfor」にて、南太平洋ソロモン諸島に沈む睦月型駆逐艦「菊月」の顕彰のため、同艦の在りし日の姿をMMDなどの3DCGソフトウェアで利用できるよう3Dモデル化し、MITライセンスで公開するための費用のうち50万円を募るプロジェクトを開始した。

駆逐艦「菊月」の3DモデルをMITライセンスで作成・公開するクラウドファンディングが始動

なお、3Dモデル化した後は、Unityでも動作するよう段階的にアップデートを重ね、最終的には「VR菊月(仮称)」として運用する見通しだという。
プロジェクト概要は以下のとおり。

〈プロジェクト概要〉
・プロジェクトタイトル:『平和を考える。慰霊と顕彰の「菊月」3Dモデル化プロジェクト。』
・実行者名:駆逐艦菊月会
・プロジェクトページURL:https://readyfor.jp/projects/30282
・公開期間:2019年12月9日(月)10時から2020年1月24日(金)23時まで
・目標金額:50万円
※目標金額に達しない場合、支援者に返金となるAll or Nothing形式を採用。
・リターン:5000円から10万円まで全4コース。
※プロジェクトの一部リターンには、令和元年12月1日公開の駆逐艦菊月最終時復元図バージョン2.0(https://github.com/kikuzukikai/kikuzuki-blueprint)を含みます。

-3DCG, VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.