VR ニュース

不動産VR内覧サービスを展開するスタイルポートが総額4.1億円を調達

投稿日:

不動産VR内覧サービス「ROOV」を展開する株式会社スタイルポートが、みずほキャピタル株式会社とグリーベンチャーズ株式会社を引受先とした第三者割当増資に加え、株式会社みずほ銀行、株式会社りそな銀行、株式会社日本政策金融公庫からの融資を合わせ、総額4.1億円の資金調達を実施した。

「ROOV」は、あらゆるCADデータを低コスト、短期間で3DCG化することが可能で、写真画像をベースとした不動産VRサービスでは対応できなかった ”未竣工新築マンション” での活用が行えるVR内乱サービス。スタイルポートの独自開発エンジン「Styler3D」により、インターネット経由でいつでもどこでもWebブラウザ上で閲覧でき、特別な機器やソフト、アプリのダウンロードは一切不要。室内全室を自由に動き回れるウォークスルーやインテリアサンプル、家具配置シミュレーター、室内採寸、カラーサンプルの切り替え、設備確認などの機能を有しており、マンションの販売現場においても接客用ツールとして利用できる。
同社では今回の資金調達により、同サービスを大規模供給できる体制の構築や、3DCGデータ自動生成技術の研究開発、独自エンジンのバージョンアップによるさらなる画質改善と操作性の向上を推進していくとしている。

不動産VR内覧サービスを展開するスタイルポートが総額4.1億円を調達

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.