VR ニュース

大阪市消防局、理経の「避難体験VR」を採用

投稿日:

大阪市消防局、理経の「避難体験VR」を採用

株式会社理経が、VRを活用し火災現場からの避難を模擬体験できる防災訓練用VRコンテンツ「避難体験VR」とVR機材一式を大阪市消防局に納入したことを発表した。

「避難体験VR」は、VRヘッドマウントディスプレイを使用して、火災が発生し黒煙が充満する室内からの避難を体験することができる防災VRコンテンツ。体験時間は1人あたり3分程度で、360度の臨場感溢れる映像とコントローラを活用し、VR空間内で自由に移動できるのが特長。煙による視界が悪い状況のなか、通路誘導灯を頼りに低い姿勢で避難するという内容で、体験者が正しい避難姿勢で動けているかの判定もできる。
同社では2017年5月より同製品の提供を開始し、同年12月にはモバイル版もリリース。これまでに品川区、埼玉県鴻巣市、埼玉県越谷市、東京都小金井市、上智大学、野村不動産株式会社、株式会社NTTドコモ、株式会社しんきんカードなどが導入しているという。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.