コラム 特集

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件

更新日:

2015年5月よりスマホのSIMロック解除が義務化されて以降、海外旅行の際に国内キャリアの国際ローミングやモバイルWi-Fiのレンタルを利用せず、現地でプリペイドSIMカードを購入して使用する方が増えているかと思います。しかし海外でプリペイドSIMカードを買うにはお店の人と現地の言葉で話さないといけないし、パスポートの提示やユーザー登録が必要な場合もあるし、説明書や注意書きも現地の言葉だからアクティベートが面倒…なんて苦手意識のある方も多いのではないでしょうか?ところが!フィンランドのプリペイドSIMカードに関してはそんな心配は一切無用です。とにかく簡単で楽!しかも安いうえに4G使い放題!という海外旅行者にとっては夢のような環境が用意されています。というのもフィンランドは2010年7月に世界で初めて「高速インターネット接続は全国民の基本的権利」と法律に明記した国だから。それには一時的に滞在する旅行者も含まれているのでしょう。

■フィンランドのプリペイドSIMカードは3種類
海外旅行者が使えるプリペイドSIMカードを販売しているフィンランドのキャリアは以下の3社。いずれのSIMカードも…

・購入時にパスポートなどのID提示の必要なし
・使用時の登録作業等もなし
・3G/4Gいずれにも対応
・nano/micro/通常サイズいずれにも対応(それぞれのサイズに応じて切り取るタイプ)
・説明書はフィンランド語と共に英語も併記(ものによってはスウェーデン語とロシア語も併記)
・サイトおよびアプリ内で追加チャージ可能(フィンランド国外のクレジットカードにも対応)
・コンビニチェーンの「R-Kioski」のレジでもチャージ可能
・たまに安売りで3.9~4.9ユーロになる

…と、実に旅行者のことをよく分かった仕様となっています。

Telia(2017年よりSoneraからブランド名をTeliaに統一)
【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件

Teliaはフィンランドで最も早くプリペイドSIMカードの販売を始めたキャリア。価格は5.9ユーロ(約783円)で一日あたりの通信料は0.99ユーロ。購入時にあらかじめ7ユーロ分がクレジットされているので実質SIMカード代は無料、というかむしろ黒字!買える場所はTeliaのショップとコンビニチェーンの「R-Kioski」の2つ。残高確認をSMSで行える機能があり、15400宛てに「PREPAID SALDO」とSMSを送ればその時の残高が返信されます(この時のSMSは無料)。
このTeliaのプリペイドSIMカードが一番安いのですが、どうも「(フィンランドの基準で)あんまり早くない」「安定していない」「カバー地域が狭い」といった評判もあるとか。

Elisa(SIMカードのブランド名はSaunalahti)
【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
Elisaはフィンランドで2番目にプリペイドSIMカードの販売を始めたキャリア。価格は5.9ユーロ(約783円)で一日あたりの通信料は0.99ユーロ。購入時にあらかじめ6ユーロ分がクレジットされているので、実質SIMカード代は無料。アクティベートする際のPINコードが「1234」と決まっていますが、アクティベートの際にやりとりするSMSのテキストがデフォルトだとフィンランド語のみなので、最初に「18258」にSMSメッセージを送って言語を英語に設定し直す必要があります。
このプリペイドSIMカードは販売店が多いのが特徴で、Elisaのショップ、コンビニチェーンの「R-Kioski」、スーパーマーケットの「Prisma」「Alepa」「Sale」「Valintatalo」「S-Market」「Siwa」、ショップも併設されているタイプのガソリンスタンドなど。
同社はカバー地域のマップを公開しており、Teliaよりも広範囲をカバーしているそうですが、北に行けばいくほどまばらになり、なぜか国境付近と海岸沿いもカバーしていません。また内陸も場所によってムラがあります。人口が少ないところはカバーしていないとか?僻地に行く予定のある方は要注意かもしれません。

DNA
【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
一番最後にプリペイドSIMカードの販売を始めたキャリアですが、速度もカバー地域も最強と評判です。価格は7.9ユーロ(約1048円)で一日当たりの通信料は0.89ユーロ。購入時にあらかじめ7ユーロ分がクレジットされていますが、高いぶんSIMカード代は実質無料になりません。買える場所はDNAショップとコンビニチェーンの「R-Kioski」、郵便局、書店チェーンの「Suomalainen Kirjakauppa」。こちらも残高確認をSMSで行える機能があり、14000宛てに「SALDO」とSMSを送ればその時の残高が返信されます(無料)。
なぜDNAのプリペイドSIMカードが評判が良いのか?おそらくそれは速度やカバー地域に加え”豊富なプラン”を提供しているからでしょう。同社のプリペイドSIMカードは、通話・SMS・データ通信を一週間程度の短期間使用するスマートフォン向けの「DNA Rajaton Prepaid」(Rajatonはフィンランド語で”無制限”の意味)、購入後にユーザー自身が使用機会に合わせてプランを追加できる「DNA Super Prepaid」、データ通信のみのタブレット/ノートPC向けの「DNA Dataprepaid」があります。いずれも追加チャージは可能ですが、「DNA Rajaton Prepaid」は短期間のシンプルな利用を想定しているため料金プランがざっくりしており、あらかじめクレジットされている7ユーロ分を使い切った後は「30日/16.9ユーロ」をチャージするしかありません。一方「DNA Super Prepaid」は、「100MB/30日/4.90ユーロ」、「500MB/30日/ 7.90ユーロ」、「1GB/30日/9.90ユーロ」、「無制限/7日/7.90ユーロ」、「無制限/30日/16.90ユーロ」の5種類のプランが用意されており、スマホからプラン選択ページにアクセスすることで選択可能です。

以上が3社のプリペイドSIMカードのざっとした概要です。どれが自分の旅行スタイルに合っているのか検討して選びたくなりますが、実は「R-Kioski」に関しては問答無用でDNAのプリペイドSIMカードのどちらかを出してくることが多いです。だって一番アクティベートが簡単で速度が速いから。旅行者の満足度を考えてオススメしてくれているのかもしれません。

■プリペイドSIMカードの買い方
それでは具体的な購入方法をご紹介します。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
ヴァンター空港内には複数の「R-Kioski」がテナントとして入っており、到着ゲートからヘルシンキ中央駅行きの電車のホームに向かうまでの道のりにも一軒あるので、そこで購入するのが一番早く済みます。電車のホームまでは一本道なので迷いようがありませんが、そんな立地なので海外からの旅行者みんながまずここに寄るため、タイミングによってはレジに大行列ができていることもあります。もし急いで移動しなければならない場合は、無理してここでは買わずに移動先にある「R-Kioski」をはじめとした販売店に行ってもよいでしょう。ちなみにヴァンター空港内のFree Wi-Fiは日本の空港とは比べものにならないくらい快適で、ログイン作業どころかWebページ遷移すらなく飛行機を降りたらすぐに繋がります。なので空港にいる間はそんなに焦る必要はありません。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
IngressとPokémon GOも余裕でできました。

プリペイドSIMカードはお店の売り場にはなく大概レジの後ろに置かれており、レジで店員さんに直接欲しい旨を言って出してもらいます。その際、実際に使うスマートフォンを出しながら「○○に○日間滞在するのでプリペイドSIMカード下さい」と、最初に滞在する都市と日数を伝えると、店員さんがいい感じに選んでオススメしてくれ、場合によっては追加チャージまで済ませてくれることもあります。フィンランド人の大人は最終学歴が高卒でも英語ができるのが当たり前なので、フィンランド語で喋らなくても、適当なブロークンイングリッシュでも大丈夫です。「I'll stay in ○○ for ○ days, can I get a prepaid SIM card?」とか何とか言えばおそらく通じると思います。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
今回私はヘルシンキで滞在するウィークリーアパートの管理会社に17:00までに行かなければならず急いでいたため、ヴァンター空港の中ではなく街中の「R-Kioski」にて購入しました。やはり問答無用でDNAをオススメされたのですが、運良くセール期間中にぶつかったため価格は7.9ユーロから4.9ユーロ(約650円)に!650円でデフォルトで約1週間4Gを使い放題なんて、もうアホらしくてキャリアの国際ローミングやモバイルWi-Fiレンタルなんて使ってられません。
「R-Kioski」は全国チェーンなので、特にヘルシンキ市内ならちょっと歩けばすぐに見つかります。ただし日本のコンビニとは違い夜間に閉店し、その時間も21:00~22:00台と店舗によってまちまちなので、心配な場合はあらかじめGoogle Mapsで検索し場所と閉店時間を確認しておきましょう。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
こちらがDNAのプリペイドSIMカード。まるでマトリョーシカのように全てのサイズが一つにまとまっており、いずれも簡単に手でパキっと取れるのでツールは不要です。ただSIMカードを取り出す際のピンは付属していないので忘れずに持参して下さい。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
このように切り取ってセットして…

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
スマホ(これはiPhone SE)にセットすると「SIMはロックされています」と表示されるので「ロック解除」をタップします。うっかり「OK」をタップしてしまうと何も起こらないので、その際はもう一回セットし直して下さい。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
ロック解除をタップするとPINナンバーの入力画面が出てきます。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
PINナンバーはカードの裏面に記載されており、シルバーの被膜をコインなどの硬いもので削ると出てきます。なぜか2段に分かれていますが、入力するのは上の番号(PIN1)の頭の4桁の数字だけ。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
画面左上に「DNA」の表示が出たらアクティベート完了です。

なお、これは現時点で最も遅かった時のスピードテストの記録です。

【コラム】簡単!激安!無制限!フィンランドのプリペイドSIMカードが優秀過ぎる件
遅い時でこれって凄くないですか?早い時では下り107Mbpsを記録したこともありました。家のネット環境よりずっと快適です。650円のプリペイドSIMカードなのに

Tech業界に携わっている方なら、このフィンランドの高速インターネットの安さと手軽さ、そして快適さを体験するだけでも滞在する価値はあると思います。本物の「おもてなし」ってこういうことを言うんじゃないでしょうか。

2017年フィンランド渡航に関する記事はこちらから

-コラム, 特集
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.