コラム 特集

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1

更新日:

昨日より東京・AppBank新宿店にてこんなイベントが開催されています。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1
(イベント告知記事はこちら

これは人気ゲームアプリ「Angry Birds」シリーズのキャラクターを粘土で作るワークショップイベントです。昨年11月に同店で「お絵描き教室」が行われているので(イベントレポート記事はこちら)、2Dの次は3Dというわけですね。このイベントのためにRovioのフィンランド本社から彫刻家のLeevi Lankinen氏が来日し、参加者に彫刻の仕方をレクチャーしてくれているそうで、Angry Birds JapanのTwitterアカウントにてその様子がUPされています。

私もこのイベントに興味があったのですが、ぶっちゃけ8月に東京に行きたくない。というかクソ暑過ぎてそもそも外に出たくない。秋田県ですら連日気温30度超え、湿度80%超えだというのにもっと暑い東京に時間と金かけて行けるか!……ということで、勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をすることにしました。立体化するのはこちら↓

私は勝手に「温泉バード」と呼んでいます。手ぬぐいに「とり」とちゃんと書かれているのが(・∀・)イイ!!

Angry Birdsのフィギュアは既に一昨年に作っているのですが(製作レポート記事はこちらから)、その時にシリコン型も作っているので複製もサクッとできます。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_1
これを基にすれば彫刻の手間も省けて以前よりも簡単にできます。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_2
ベースはちょっとオシャレに木の丸太にしました。まあ温泉を作ったらほとんど隠れてしまうのですが。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_3
まず眉毛を削り落として目を小さくし、位置を下げて「温泉バード」の顔のデザインに近付けます。Angry Birdsに限らず、キャラクターは誰がいつ何のために描いたかによってビミョーにデザインが違うものです。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_4
目はただラインを彫るのではなく、顔の境目と目にカーブを付けて立体的に彫り込みました。これでなんとなく「むちっ」とした感じが増したような。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_5
そしてラインがキレイになるまで調整して磨きます。

【夏休み特別企画】東京に行くのが面倒なので勝手に家で「アングリーバードねんど祭り」をやることにした vol.1_6
次にエポキシパテで手ぬぐい(タオル?)を作って頭に乗せます。布っぽくザラザラした質感にしてみました。

Vol.2へ続く

●使用した主な材料

-コラム, 特集
-

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.