イベントレポート レポート

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展

更新日:

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展

昨年も出展していた台湾のゲームデベロッパーQubit Gamesが、年内にリリース予定のスマートフォン向けひっぱりアクションゲーム「Qubot」をプレイアブル出展しています。

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展 【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展 【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展

「Qubot」は、キューブ状の「ギア」と呼ばれるパーツを組み合わせて自分でロボットをカスタマイズできるボクセルアート風の3Dロボットアクションゲームです。様々な特性を持つロボット&キャラクターを組み合わせてチームを編成し、ひっぱりアクションで敵に体当たりしてバトルを行います。昨年はあくまでも”体験版”ということで少々荒削りな部分もあったのですが、今回は画面のUIやグラフィック、キャラクターデザイン、攻撃時の演出などがかなり洗練され、さらに既に日本語翻訳も完了しているなど、ほぼ完成形と言ってもいいクオリティになっていました。また、昨年はなかった各種便利アイテムや、違うロボット同士が協力する連携技、ロボットというモチーフならではの”合体”システムも加えられており、バトル自体がド派手かつ戦術的な内容に進化しています。

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展
そして本作の特徴であるロボットのカスタム機能「Qubotエディタ」の画面もスッキリ見やすく、使いやすくなりました。この機能では自分のロボットを1ドット単位から細かく作り込むことができ、色のコーディネイトまで考えて自分好みのロボットを作ることができます。モデリングが好きな人ならこの機能だけでもはまってしまうかもしれません。

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展
こうして作ったロボットは3Dプリント出力して実物のフィギュアにすることもできます。このバーチャル→リアルの連動が本作の一番のウリとのこと。

【TGS2015】台湾のQubit Games、昨年よりさらに進化したスマホ向け3Dロボットアクション「Qubot」をプレイアブル出展
なお、同社では日本での配信も目指しており、現在日本国内に於けるパブリッシングを担当してくれるパートナー企業を募集しているそうです。興味のある方はQubit Gamesのブース(No.「5-C15」)をチェックしてみて下さい。

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.