GREE vs DeNAの訴訟合戦、和解により終了

 

GREE vs DeNAの訴訟合戦、和解により終了

株式会社ディー・エヌ・エー(以下DeNA)が、同社とグリー株式会社、及びグリー代表取締役社長田中良和氏とKDDI株式会社との間で係属していた訴訟について和解が成立したと発表した。

この訴訟は、2011年11月にDeNAがソーシャルゲームディベロッパー各社に対しGREEにゲームを提供しないよう圧力をかけたことで損害を受けたとして、グリーとKDDIが10億5000万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴したもの。しかしこれに対しDeNAは2012年1月に反訴し、グリーと田中社長に対し損害賠償と謝罪を求めていた。
今回の和解により、DeNAとGREEはそれぞれの訴訟を取り下げることで合意したとのことで、今後は「さらなる業界の発展を目指」すとしている。

なお、 グリーとDeNAが携帯向け釣りソーシャルゲームゲームの著作権をめぐって争っていた訴訟は、今年4月にグリーの敗訴が確定している

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket