イベントレポート レポート

【TGS2012レポート】AKB48松井咲子さん&大塚明夫さんも登場!「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」ステージイベント

投稿日:

東京ゲームショウ2012の最終日となる9月23日(日)、KONAMIブースにて同社とGREEが共同開発中のソーシャルゲーム「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」のステージイベントが行われました。


(左より)司会の森一丁氏、岡村憲明氏、土田俊郎氏

「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」はKONAMIの「メタルギア」シリーズ生誕25周年を記念したシリーズ初のソーシャルゲームタイトル(プレイレポートはこちら)。ステージイベントにはKONAMIの岡村憲明氏とGREEの土田俊郎氏が登壇し、同タイトルの開発秘話や魅力について語りました。

まず語られたのは「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」の開発の経緯について。土田氏は「25年という歴史があるメタルギアシリーズとGREEが協力することで、何か新しいことができないかとこちらから提案した」と説明。また岡村氏も「もともとスマホでメタルギアができないかと以前から考えていた。そんな中ちょうどGREEさんから提案を頂いて、我々もGREEさんとなら良いものができると思った。共同でソーシャルゲームを作るにあたり、小島プロダクションの哲学やポリシーを大事にするのはこちらの役割。しかし我々はソーシャルゲームを作ったことがないので、ソーシャルの面に関しては日本で最もソーシャルゲームを作っていてノウハウを持っているGREEさんにお願いするという形になった。」と説明しました。実際、現在も非常に近い距離感で開発に当たっているとのことで、ソーシャルゲームで何ができるか?できないか?の擦り合わせは序盤からかなり白熱したそうです。

また、同タイトルは戦略性のある内容になっているとのことで、両者は実際のゲーム画面を操作しながらその概要を説明しました。土田氏曰く「デッキにどんなカードをどう配置するかで戦力が変わる。例えば軍用ヘリが持つスキルにも種類があり、前方支援、後方支援、左方支援などのスキルによってデッキ配置を変えると攻撃回数が2倍になったりデッキの左側のカードを強くなったりなど様々な効果が現れる」とのこと。ちなみに岡村氏は最初のデモプレイではボス戦に負けてしまいましたが、このデッキ配置を行った後に再度チャレンジしたらすんなり勝っていました。岡村氏は「ただ一番強いカードを並べてもいいし、カードの配置をじっくり考えるのもいい。コンソールゲームのユーザーも自分なりの新しい楽しみ方ができると思うので是非遊んでほしい」とアピールしました。また同タイトルは”メタルギアらしさ”を追求するためグラフィックとサウンドにも凝っており、グラフィック面では3Dゲーム開発エンジンの「Unity」を使用しているとのこと。こちらも岡村氏曰く「実は以前かからUnityを使ってみたいと思っていたところに、ちょうど今回GREEさんから『Unityを使いたいんですけど』と言われた」そうで、まさに願ったり叶ったりな状況だったようです。またスマホ向けソーシャルゲームではまだ例の少ない「ボイス」と「サウンド」も入っており、ボイスには歴代メタルギアシリーズでスネーク役を演じている大塚明夫氏が起用されています。

ということで後半、スペシャルゲストとしてメタルギアシリーズのヘビーユーザーであるAKB48の松井咲子氏&スネーク役を演じている大塚明夫氏が登場!大塚氏曰く、この「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」のために新たに録音したセリフもいくつかあるとのことで、「ソーシャルゲームでセリフが入るのはめずらしい。こうしてメタルギアがスマホで遊べるソーシャルゲームになることで、これまで『メタルギアは難しそうなんで…』と敬遠してプレイしてこなかった人も楽しんでもらえる。入り口としてはもってこい。」と期待を語っていました。

なお、「METAL GEAR SOLID SOCIAL OPS」の正式リリース日は土田氏曰く「もう少しクオリティを上げたい」ことからまだ未定ですが、「年を越さずに、クリスマスよりも前に」(土田氏)リリースしたいそうです。

-イベントレポート, レポート
-, , ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.