イベントレポート レポート

【TGS2012レポート】集中力の無い人はDJプレイができません---neurowearの脳波ターンテーブル

投稿日:

昨年の東京ゲームショウに「脳波」で動かせる猫耳ガジェット「necomimi」を出展し国内外から注目を集めたneurowearが(その時のレポート記事はこちら)、今回も次期製品を出展しています。


これ、一見ごくごく普通のレコードプレイヤーのように見えますが、実は脳波で動かせる”脳波ターンテーブル”「NEURO TURNTABLE」なのです。


この脳波センサーを着けて音楽に集中するとレコードが回り始めますが、集中力が低下するとだんだんとレコードの回転数が下がり最後には止まってしまいます。つまり音楽に全身で集中しなければDJプレイができないという仕組み。これはヤバい
なお、neurowearでは脳波とダンスフロアを連動させるシステムも開発したとのことで、フロアで踊るオーディエンスに脳波センサーを装着してもらい、どのくらい音楽に集中しているかを測定するイベントも実際に開催したとか。その際、オーディエンスの集中度の平均値が規定の値を下回った状態が一定時間以上続いたDJは強制的に交代させられてしまうというシステムにしたとのこと。これもDJにとってはいろいろな意味でヤバいです。自分のプレイにどれだけオーディエンスが没入しているかが可視化されてしまうのですから。私も試してみましたが途切れることなくレコードを回し続けることができました。結構私の集中力は持ちが良いようです。


また、「NEURO TURNTABLE」をiPhoneに移植し、ライブラリから曲を選んで脳波センサーで再生できる「NEURO TURNTABLE Mobile」もあります。但し現時点ではまだどちらも参考出品で商品化は未定です。


そしてこちらはnecomimiに続く「脳波しっぽ。」(shippo)。脳波センサーと連携して動くしっぽ単体の「shippo」とロシア帽子型の脳波センサーとshippoが一緒になった「bo-shippo」の2種類があり、どちらも脳波と連動し、意識が集中すると激しくパタパタ動き、リラックスするとゆったりフリフリ動くのだとか。これ、獣人コスプレしている人がnecomimiとセットで使ったら完璧なのではないしょうか?というか脳波ガジェット云々の前にファッションアイテムとしても販売できるでしょう。ただこちらも現時点では商品化は未定とのこと。


ちなみに昨年参考出品だった「necomimi」ですが、今年4月に商品化されました!現在Loftやアニメイト、ドンキ・ホーテ、Amazon、楽天などで販売されています。また今回の東京ゲームショウの物販コーナーにある「Pikatto Anime」のブースでも9000円で販売されています。

脳波でうごくネコミミ(necomimi)【T&H】
脳波でうごくネコミミ(necomimi)【T&H】

-イベントレポート, レポート
-, ,

Copyright© vsmedia , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.