3Dアバターのデータを3Dプリンタで出力しドールを作るサービス「MakieLab」、オープンα版を開始

 

イギリスのMakieLabが、オンライン上で3Dアバターを作ると、そのデータを3Dプリンタで出力して組み立てオリジナルのドールを作ってくれるサービス「Makies」のオープンα版を開始した。

Makiesは、ユーザーがWebサイト上でテンプレートに従い3Dアバターを作成すると、そのデータを3Dプリンタで出力しウィッグと服を着せてオリジナルのドールを作ってくれるというもの。3Dアバターの作成は無料で、その後ドールに必要なパーツをショップで購入する。TwitterもしくはFacebookのアカウントでログイン可能。現在はまだ真っ白い人形しか作れないが、今後は様々な肌の色の人形も作れるようになるとのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket