レディ・ガガのファッションディレクター、MMO 「EVE Online」のアバターをデザイン

 

レディ・ガガのファッションディレクターとしても知られているファションデザイナーのニコラ・フォルミケッティ(Nicola Formichetti)氏が、MMO「EVE Online」のアバターのデザインを手がけた。同タイトルが実在のデザイナーとコラボレーションするのはこれが初の事例となる。

ニコラ・フォルミケッティ氏は静岡県沼津市出身のイタリア人と日本人のハーフのデザイナー。レディ・ガガのファッションディレクターとしてPVやショウでの衣装を監修しており、昨年はBritish fashion award 2011にてイザベラ・ブロウ賞を獲得した。
EVE Onlineは2003年よりサービスを行っている宇宙をモチーフとしたMMORPG。ユーザーは宇宙で生活する一市民となり、海賊(宇宙賊?)を討伐したり、惑星で鉱石を採取して売却したり、またそれを材料に生産活動を行ったり、他のユーザーと戦ったりできる。サービス開始時はアバターは無くユーザーの宇宙船がアバターの代わりとなっていたが、2010年より段階的にアバターシステムを実装した。
今回フォルミケッティ氏がデザインしたアバターは、氏のファッションショーで活躍する”ゾンビボーイ”の愛称で知られる実在のファッションモデルRick Genest氏をモチーフにしたもの。衣装及びTatooパターンは有料にて販売される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket