位置情報サービスの「Gowalla」、サンダンス映画祭とコラボ

   2013/01/04

位置情報サービスの「Gowalla」、サンダンス映画祭とコラボ

先日Disneyと提携したスマートフォン向け位置情報アプリ「Gowalla」が、今度はインディペンデント映画を対象とした映画祭「サンダンス映画祭」とコラボレーションを行う。

「Gowalla」は位置情報登録とゲームを組み合わせたソーシャルアプリ。ユーザーは外出先でそのスポットに「チェックイン」してある条件を満たすと、「称号(Pin)」と仮想アイテムが貰えるというもの。スタンプラリーと宝探しが組み合わさったようなサービスで、さらに仮想アイテムにはシリアルナンバー付与されており、それをユーザー同士で交換することもできるほか、一連のアクティビティをTwitterやFacebook、競合する位置情報アプリ「Foursquare」と連動させることができる。
サンダンス映画祭は、毎年1月にアメリカ・ユタ州のパークシティで開催される映画祭。俳優のロバート・レッドフォードが主催しており、ロバート・ロドリゲスとクエンティン・タランティーノが見出されたことで有名だ。今回のコラボレーションは、会場となるユタ州内の空港やパークシティの各所、映画祭と併せて行われるプレミアショーやDJパーティなどで「チェックイン」すると、映画祭の期間中だけ限定で提供されるスタンプが手に入るというもの。どこで、どんな条件で、どんな絵柄のスタンプが貰えるのかは秘密で、絵柄は全部で20種類以上用意される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket