Lenovo、Nortelの仮想空間「web.alive」をプラットフォームに仮想ショップを開店

   2016/01/17

Lenovo、Nortelの仮想空間「web.alive」をプラットフォームに仮想ショップを開店

Lenovoが、現在米ラスベガスで開催されている世界最大規模の家電見本市「CES 2008」に合わせ、昨年8月にNortelが開発したビジネス向け仮想世界「web.alive」をプラットフォームにWebブラウザ上で動作する3D仮想ショップ「eLounge」をオープンした。

web.aliveは、高品質な音声とセキュリティ技術、企業が使用しているCRMやプロジェクト管理ソフトとの連携機能を備えているのが特徴の3D仮想世界プラットフォーム。
「eLounge」は、最初にプラグインをインストールすればアカウント登録などの準備の必要もなく誰でも入店することができ(Windowsのみ)、ユーザーは自分のアバターを操作して店内を見て周り、3Dで再現された同社の製品を見て専門スタッフから説明を受けたり、デモやチュートリアルを見たり、他の訪問客と交流することができる。Lenovoの「eLounge」へはこちらから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket