メタバーズとエイブル・シード、OpenSIMを使ったプロジェクト「オープン・ネビュラ」開始

 

株式会社メタバーズと株式会社エイブル・シードが、オープンソースの仮想世界サーバーを活用した仮想世界ネットワークを構築するプロジェクト「オープン・ネビュラ」プロジェクトの運営を開始する。


「オープン・ネビュラ」プロジェクトは、「オープン・シム(OpenSIM)」と呼ばれるオープンソースの仮想世界サーバーを利用し、世界中の仮想世界ユーザーや企業がもつ仮想世界サーバーの接続を試みるというもの。今後世界中で多くのオープンかつ大規模な仮想世界ネットワークが誕生することを想定し、これらとも相互接続するための研究活動、相互接続試験などを行っていく予定とのこと。
「オープン・ネビュラ」ネットワーク(GRID)へのサーバー接続申込みは、広く一般に募集し、情報は随時ホームページで公開すると共に両社で問い合わせを受け付けるという。
います。
「オープン・ネビュラ」プロジェクト
http://www.opennebula.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.