イギリスの政治を学ぶシリアスゲームが登場 首相や大蔵大臣も出演

   2013/02/01

イギリスの政治を学ぶシリアスゲームが登場 首相や大蔵大臣も出演

イギリスのシリアスゲーム開発会社PlayGenが、政治を学ぶシリアスゲーム「Serious Policy」を開発した。首相や大蔵大臣なども登場し、中にはパリス・ヒルトンの”そっくりさん”まで出てくるという。

”シリアスゲーム”とは、TVゲームやPCゲームのシミュレーションを通して、様々な社会問題を学習し問題を解決していくためのゲームを指す。従来のゲームのようにエンターテイメント目的ではなく、学習と問題解決を目的として開発されるのが特徴。
この「Serious Policy」は、ゲームを通してユーザーに政治に興味を持ってもらうことで、有権者意識を高めることを目的として開発された。ユーザーはゲームの中でヴァーチャル議員に会って会話をしたり財務省の基金を得たりすることができる。

「Serious Policy」ダウンロードページ
http://www.playgen.com/home/index.php?option=com_content&task=blogsection&id=5&Itemid=96

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket