BidSL、セカンドライフ内でのオークションサービスを開始

   2013/01/19

BidSLがセカンドライフ内でのオークションサービスを開始した。セカンドライフ内のアイテムも現実の商品もどちらも出品可能とのこと。

オークションに参加するにはBidSLが配布しているセカンドライフ内オークションのマシンが必要。
ユーザーはマシンを使ってオークションを続ける期間や最低入札額を設定することができる。またマシンは入札にも使用でき、欲しい商品が見つかったらマシンを右クリックして希望額を支払う仕組み。その後他のユーザーが自分の支払い額以上の額で入札すると、それ以前の入札は無効となり支払いは全て払い戻される。オークション実施の料金は1~5L$までの固定料金。BidSL はこのオークションサービスのフランチャイズプログラムも提供している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket