人材派遣のマンパワー Second Lifeに参入

   2011/04/01

人材派遣会社のマンパワーもセカンドライフに参入したとのことでSIMを訪問してみました。

テレポート:http://slurl.com/secondlife/Manpower%20HQ/100/89/27/
建物の入り口には常にマンパワーの担当社員がいるようです。

早速私も話しかけられたのですが、なんと全て英語。どうやらアメリカの本社そのものが参入したようで…。ということで必死に食らいつきます。
「こんにちは、ご機嫌いかがですか?」「何かお手伝いすることはありますか?」となかなかフレンドリーな対応で親切そうです。拙い英語ながらなんとかいくつか質問してみたところ、このSIMは7月12日にオープンしたばかりで、世界中のマンパワー支社が共同で運営しているとのこと。
なるほど、確かに世界中にある支社の社員が一丸となって運営すれば、時差もカバーし合えるので24時間体制でSIMを訪問したユーザーの対応ができるというわけですね。ということは、運が良ければ日本支社の社員にも会えるかもしれません。

ここが本館のロビー。ノートPCが置かれたカウンターがあり、そこから本当にスタッフ登録ができるようになっていました。

別館にあるオリエンテーションスペース。席数も多くセミナーやイベントも開催できそうです。

人材派遣とは関係なく、訪れた初心者用の操作方法を解説したチュートリアルエリアもありました。

訪問者のくつろぎスペース?「ホリデーアイランド」というエリアもありました。南国リゾート風の作りになっておりヨットに乗って遊ぶことができます。
いずれ派遣労働も、スタッフ登録、面接、就業と全てがセカンドライフ内で行われ、給与までリンデンドルで支払われる時代が来るのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.