3Di、3D仮想空間「Second Life」をWebブラウザで見られるアクセス技術を開発

   2016/01/01

3Di、3D仮想空間「Second Life」をWebブラウザで見られるアクセス技術を開発

ngi group株式会社の子会社である3Di株式会社が、日本で初めて3D仮想空間「Second Life」にWebブラウザからログインし、同サービスの情報にアクセスできる技術の開発に成功した。

この技術は、クライアントソフトを起動させることなくWebブラウザ上からSecond Lifeのアバターの場所や周辺地図、マイフレンド情報、グループ情報、インベントリー情報などを閲覧したり、IMやチャットで他ユーザーとコミュニケーションできるというもの。利用シーンとしては、モバイルからSecond Lifeにアクセスし、既にSecond Lifeにログインしている他のユーザーとIMやチャットのやり取りが行え、仮想空間とWeb2.0、モバイルとのクロスメディア/クロスコミュニケーションが可能となり多様なビジネスが生まれてくるとしている。
ngi groupでは、今後も機能を追加しサービス化と他社への販売を予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.