VR ニュース

VRライブプラットフォーム「VARK」、ANRIより約2億円を調達

更新日:

VRライブプラットフォーム「VARK」を運営する株式会社ActEvolveが、ANRIを引受先とする第三者割当増資を実施したと発表した。また、2020年5月1日付けで、社名をサービス名に揃え「株式会社VARK」に変更した。

VRライブプラットフォーム「VARK」、ANRIより約2億円を調達

「VARK」は、VR空間内でバーチャルアーティストたちのライブイベントを楽しめるアプリ。現実と同じく、決まった時間に開場するイベントに皆で参加し、一体感を感じながらその場に"居る"アーティスト達の生のパフォーマンスを楽しむことができるのが特長。現時点で対応しているプラットフォームはOculus Quest、Oculus Go、PlayStation VR。
同社は今回調達した資金により「VARK」の新機能「VARKプラットフォーム(仮)」の開発および人材の採用に投資していくとしている。また、「VARKプラットフォーム(仮)」にてライブが行える機能をアーティストに開放し、アーティスト自身が自由で、今までにない距離感でライブを開催することができる環境を提供するという。

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.