Avatar ニュース

吉本興業、米ObENと提携し所属芸能人のリアルアバターを製作

投稿日:

吉本興業ホールディングス株式会社が、米カリフォルニアに拠点を置くAI企業のObEN,Inc.と提携し、吉本興業が持つエンターテインメントと芸能人のIPを、ObENが作成した画像、音声、アニメーションのアバター技術と組み合わせたサービスを提供すると発表した。

吉本興業、米ObENと提携し所属芸能人のリアルアバターを製作

ObENは、カスタマイズされたリアルテイストのアバターを作成している企業。音声と画像データを組み合わせ、実在の人物とそっくりの外観と声を持つアバター「パーソナルAI(PAI)」を作成しており、既にソフトバンクやChina Central Television(CCTV)、NBA選手などのプロジェクトに活用実績を持つ。同社が作成する「PAI」は、モバイルアプリやAR、VRと様々なプラットフォームで使用できるほか、ゲームやSNSに応用することも可能。
今回のコラボレーションにより、吉本興業は、同社所属の芸能人のIPを使用してObENのAIアバターの作成を強化し、日本市場向けにAIアバターのIPを管理および運用します。また両社は現在、吉本興業の所属タレントのIPを使った3Dアバター製作に取り組んでおり、2020年4月に初公開を予定しているという。

-Avatar, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.