VR ニュース

リアルタイム通信サーバソフトウェアOpenRelay、SynamonのVRビジュアルコラボレーションSaaS「NEUTRANS BIZ」にて504人接続を実現

更新日:

株式会社Synamonが、同社が提供するVRソリューション製品「NEUTRANS BIZ」においてファーザーシステム株式会社のリアルタイム通信サーバソフトウェア「OpenRelay」(オープンリレー) を使用して技術検証を行い、同一VRルーム内にて504人接続を実現した。

リアルタイム通信サーバソフトウェア OpenRelay、SynamonのVRビジュアルコラボレーションSaaS「NEUTRANS BIZ」にて504人接続を実現

「NEUTRANS BIZ」は、遠隔から複数人が同時に接続でき、顔の動きや身振り・手振りをリアルタイムで見えるシステム。3DCGやCADなどのビジュアルデータを用いて、VR空間で物体や空間などを共有し、インタラクティブに確認できるのが特徴で、カスタマイズ無しで幅広いビジネスシーンに活用できる多機能かつ手軽に導入可能なクラウド型サービスとなっている。
今回の504人接続は、多人数でのリアルタイム通信を行うと正常に動作しない、また一定人数以上接続できないといったリアルタイム通信で発生する問題の背景である「ボトルネック問題」(同時接続数に応じて2の累乗倍の通信負荷がかかること)の解決のために実施した技術調査・負荷検証で実現したもの。両社はその成果情報を公開している。なお、資料にある504人の接続数はネットワーク処理性能上の上限値でNEUTRANS BIZの快適な動作を保証するものではないとのこと。

リアルタイム通信サーバソフトウェア OpenRelay、SynamonのVRビジュアルコラボレーションSaaS「NEUTRANS BIZ」にて504人接続を実現

リアルタイム通信サーバソフトウェア OpenRelay、SynamonのVRビジュアルコラボレーションSaaS「NEUTRANS BIZ」にて504人接続を実現

レポートダウンロードURL
https://furthersystem.com/reports/furthersystem-network-performance-report-2019-7-18.pdf

原文
https://furthersystem.com/news/news-2019-8-15-2.html

-VR, ニュース
-, ,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.