VR ゲーム ニュース

火星からの脱出を目指すPS VR向けサバイバルシミュレーション「Mars Alive」がリリース

投稿日:

Winking Skywalker Entertainmentが、火星からの脱出を目指すPlaystation VR(PS VR)向け宇宙サバイバルシミュレーションゲーム「Mars Alive」をリリースした。ダウンロード価格は1860円

火星からの脱出を目指すPS VR向けサバイバルシミュレーション「Mars Alive」がリリース

「Mars Alive」は、あらゆる文明と科学技術の発展を喪失する災禍に見舞われた2045年の火星を舞台に、プレイヤーが謎の陰謀のもと生き残った一人の宇宙飛行士となり、過酷な環境のもと火星で調査と収集を行い、限りある資源を有効に運用することで生存を計るVRシミュレーションゲーム。フィールド内を自由に探索することができ、火星の昼夜の移り変わりや極端な気候変化をリアルに体験できるほか、自動車を運転して素早く移動したり、材料を採掘して3Dプリンタで道具を作ったり、キャビン内の湿度、温度、散水時間の間隔などをコントロールして農作物を作り、さらにそれを材料に料理をしたりと自由度の高いシミュレーションを楽しめる。
なお、開発を担当した海豚互娯(Future Tech)チームは、リアルな火星の環境を再現するため、中国・青海の宇宙飛行士を訓練する「火星村」へ赴いて考察を行ったほか、アメリカのブラウン大学へ行き惑星科学分野の博士に火星に関する背景と知識を聞き取り調査したという。

火星からの脱出を目指すPS VR向けサバイバルシミュレーション「Mars Alive」がリリース

-VR, ゲーム, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.