VR ニュース

レベルエンター、ブラウザ上でVR/ARプログラミングが可能な 「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始

投稿日:

株式会社レベルエンターが、Webブラウザのみで簡単にVRプログラミングができる「BLOCK VROCK(ブロック ブロック)」をバージョンアップし、BLOCK VROCK Version2.0としてリリースした。スマートフォン、タブレット、Mac、Windows PC、Oculus Go/Oculus QuestなどのVRヘッドマウントディスプレイで利用できる。

レベルエンター、ブラウザ上でVR/ARプログラミングが可能な 「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始

「BLOCK VROCK」は、初めてプログラミングに挑戦する人でもあっと驚くものを簡単に作り出せることを目的に作られたサービス。一般的なプログラミング学習では「HelloWorld」と文字を画面に出すだけのようなステップから始めるが、「BLOCK VROCK」では、プログラミングによってVRの世界に物体を作り出したり、物体を動かしたりするところからはじめる。
第1ステップはプログラミング部分はビジュアルプログラミングツールであるScratchをベースとしたブロックによるVRの構築で、第2ステップはより高度なプログラミング言語であるJavaScriptを使ったアルゴリズムの実践となっており、VR作品を作成する中で、アルゴリズムやコンピュテーショナルシンキングなど、デジタルクリエイティブの様々な要素を学ぶことができる。
Version2.0の変更点は以下のとおり。

・ブロックプログラミングを大幅に簡略化
・ARマーカーを60種類以上増加
・VR世界をJavaScriptによって自由自在に操作可能
・JavaScriptを使った学習に対応(アルゴリズムの学習コース)
・Version1.0リリース時と比較して80%以上のパフォーマンス改善

基本利用は無料で、JavaScriptによるプログラミングエディタが利用可能な有料ユーザーは年間1,980円(税込)となっている。また個人利用に加え、学校・法人ユーザーの予約も行っている。価格は以下のとおり。

■価格
(1) 無料ユーザー
・基本テンプレートを利用して、VRを簡単に作ることができます。

(2) 有料ユーザー 年間1,980円(税込)
・JavaScriptによるプログラミングエディタが利用可能となります

(3) 学校・法人ユーザー (6月17日より御予約受付を開始)
・年間1名あたり1,980円(税込)+教員あたり20,000円(税込)
・すべての有料ユーザー向けの機能を利用してVRを作成することができます
・オンラインチャットによる先生向けの質問サービスが利用可能です
・クラスの作品展を公開することができます
・教員向けマニュアルをご提供します

レベルエンター、ブラウザ上でVR/ARプログラミングが可能な 「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始

レベルエンター、ブラウザ上でVR/ARプログラミングが可能な 「BLOCK VROCK」Version2.0の提供を開始

-VR, ニュース
-,

Copyright© vsmedia , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.